文化・芸術

2014年7月17日 (木)

祇園祭り山鉾巡航

祇園祭りの山鉾巡行は何十年も見に行ってないので、忙しい日ではあったが見に行くことにしました。

Simg_0061


Simg_9890Simg_9897祇園祭巡航のクライマックスは鉾を交差点で90度回転さす辻回しである。辻回しと言えば四条河原町であるので、四条河原町の交差点に行ってみると人々で大混雑で見学どころではありませんでした。でも、100m程度河原町通りを上がると結構空いていたここで見学をすることに!まずは先頭の長刀鉾が9時40分に交差点に到着。辻回しをして河原町通りを北上!

Img_9910Simg_9916

長刀鉾、占出山、芦刈山、孟宗山が目の前を通り過ぎた後に鉾の辻回しがよく見え河原町通り西側に移動。

次に来た函谷鉾の辻回しはよく見えたが、撮影するにはカメラの視野に報道カメラマンや警察官などが入ってしまい旨く撮ることは出来ませんでした。

Img_9952見学しているとNHKテレビにインタビューされ、全国ニュースで何度が放映されたそうである。

11時頃になると見学者も少なくなって来たので辻回しを目の前で見ようと四条河原町の交差点付近まで移動。

やはり人々でなかなか撮影は出来なかったがカメラを頭上に持ち上げてようやく撮影。

Simg_0030Simg_0124


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

上野公園(パンダ・科学博物館・西洋美術館)

今日は生憎の雨模様、東京にいる間に上野公園のパンダを見ておかなくては、地震の翌日西洋美術館と科学博物館に行ったがどちらも地震で休館であったので、これらの所へ今日は行くことにしました。

まずは上野動物園へ、正門をはいるとすぐに右手にあるパンダ舎へ向かう。子供連れは並ばずにスイスイと中へ、大人のみは少し並んでパンダ舎へ入ることが出来ました。Rimg0584Rimg0588 

雄のリーリーは観客に向かって座り、ずーっと餌の竹を食べており、雌のリーリーは木のベットの上でお休み中でした。

Rimg0600 Rimg0603

園内を一周してから科学博物館へ、企画展の「宝石サンゴ展」をみてから地球館へ、生物の進化や宇宙・物質、科学技術など地下3階から3階までの展示で見応えたっぷり!Rimg0634 Rimg0618

そして日本館へ、ここも3階に渡って日本の自然や生き物、地質などの紹介があり、科学館はとても広すぎます。 この後に国立西洋美術館へと!前庭にはロダンの考える人や地獄の彫刻!Rimg0577_2 Rimg0576_2

館内に入ると14世紀から19世紀の有名な絵画がずらりと並んでいる。すべて本物、写真撮影も自由である。Srimg0637 Srimg0642

ボニーファーチョ・ヴェロネーゼの「聖家族、トビアスと大天使、聖ドロテアと幼い洗礼者聖ヨハネ」 ジョセフ・ヴェネルの「夏の夕べ、イアリア風景」Srimg0644 Srimg0645

「睡蓮」、「舟遊び」などのモネの絵画がずらりと、本当に見応えのある美術館です。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

大倉集古館-松岡美術館

今日はぐるっとパスを使って目黒・港エリアの美術館巡りへ出かける。

Rimg2006 六本木一丁目で地下鉄を降り、泉ガーデンを通り抜けるとすぐに泉屋博古館別館に到着、企画展として「中国青銅鏡」が行われ、漢から唐時代の青銅鏡が展示されていました。日本の古墳時代の銅鏡は殆どが丸い形をしているが、花びら形や四角形のものもあり、文様もさまざまでした。

泉屋博古館は住友家が蒐集した美術品だったのを始めて知りました。

次はすぐ近くのホテルオークラの隣にある大倉集古館へ、ここは大倉喜八郎が設立した日本で最初の私立美術館だとのこと。 現在の建物は昭和3年のもので国の有形文化財となっているらしい!Rimg2008Rimg2009

企画展jは「皇めきの近代」と言うことで、横山大観の名作を始めとして西郷隆盛や勝海舟の筆跡などが展示されたました。

再びメトロ南北線に乗って白金台で下車、松岡美術館へ!Rimg2029

ここは松岡地所の設立者(松岡清次郎氏)は蒐集したものを一般公開するために建てた美術館と言うこと! ここは珍しく写真撮影が可能、案内板も携帯のバーコードで読み取って見ると言う方式である。 写真に撮ってもう一度帰ってから見るのは凄く印象に残っていいですね!

一階は常設展の展示は古代オリエント美術はエジプトのネト女神ブロンズ像を始めとして紀元前の作品ばかり!

現代彫刻ではエミリオ・グレコなどの作品が!

古代東洋彫刻はガンダーラ石造彫刻群が展示されており、3~4世紀ぐらいに造られた仏陀座像やシヴァなど多くの繊細な石像は印象的でした

Rimg2039  Rimg2031 Rimg2044_4

東京都庭園美術館(20世紀のポスター[タイボグラフィ])

などを見てきました。

詳細は後日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

サントリー美術館-新国立美術館

後ほど時間がある時に入力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

東京駅周辺の美術館巡り

今日の天気予報は曇りで寒い一日となりそう!あまり出かけるところも見つからないので東京駅周辺の美術館巡りをすることにする。

東京駅の高速バス到着口から常盤橋を渡り、日本銀行旧館前の前を通って三井本館の三井記念美術館へ向かうが、周りは明治時代の建物だらけ!まるで明治時代にタイムスリップしたみたいです。Rimg1665Rimg1671_2

 これらの建物は殆どが重要文化 財に指定されているらしい!

三井本館の七階が三井記念美術館となり、三井家が所蔵していた美術工芸品を寄贈品を中心に現在約4千点を所蔵。国宝が6点、重要文化財が71点、重要美術品が4点もあるとのことである。

催されていた展覧会は「室町三井家の名品」で室町家旧蔵の茶道具などが展示されておりました。Rimg1674_2 Rimg1678_3

次に三井本館から三越前を通って、これも重要文化財である日本橋を渡ってしばらく歩くと高島屋東京店に!

ここも歴史を感じる素晴らしい建物であり重要文化財に指定されている。入り口正面にはもう雛飾りが!Rimg1681

高島屋の東京駅よりにブリジストン美術館の建物が、ここはごく普通のビル! 

現在催されている展示は「なぜ、これが傑作なの?」と題した展示、ピカソを始めとする世界でも有名ルノアールやモネなどの絵画や彫刻があり、また古代エジプトやギリシャの彫刻も! 有名な絵画なら何でも集めたと言う感じでした。

ブリジストン美術館を鑑賞した後は東京国際フォーラム内にある相田みつを美術館へ!

Imagescakot8xk 特別企画展は「星野富弘・相田みつを 花の詩画と書の世界」、自分の気持ち(いのち)を正直にそのままに表現した詩、すごく自然に入っていける感じである。また星野富弘さんの水彩画と詩、これもとてもすばらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

原宿 太田記念美術館

古いパソコン(XP)でもほしいと言ってくれる友人がいるので、朝からパソコンを宅急便で送るために梱包、昼過ぎにヤマト急便にて発送!

昼過ぎには予想に反して晴れてきたために、久しぶりに原宿に出かけてみる。

原宿は人々で大混雑、休日はいつもこんなものなのか?本当に東京は人が多いのにはびっくりする!  Dscf7545Sdscf7670

駅から歩いて5分ほどの所に浮世絵の太田記念美術館があり、特別展『日独交流150周年記念 ハンブルク浮世絵コレクション』が催されており、ハンブルグ美術工芸博物館に所蔵されている5000点を超える浮世絵の中からの200点ほどが日本に里帰りして展示されているのです。10121 10131 1014 1032

久しぶりの美術館も、雑踏も、なかなか良いものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

下鴨神社の特別公開

Rimg0160 墓参りに行ったついでに天神さんの近くの「TO-FU CAFE FUJINO」へ寄ってみる。すべて豆腐からのもの!お昼も食べた後だったので豆乳抹茶パフェを注文、すっきりした甘さで美味しかったですね!

この後、美術館へ行ってボストン美術館展を観に行こうと思ったが時間もあまりないので下鴨神社へ行くことにしました。

丁度行った時には、糺の森で「下鴨納涼古本まつり」が開催されており、あらゆるジャンルの古本約80万冊が多くのテントの下に並んでました。Rimg0169 Rimg0173

鳥居をくぐって本殿の左側が特別拝観の所、ガイドの方に詳しく説明をして頂きながら三井社の前を通って大炊殿へ、ここで調理した料理を神様に出すのですが、神社での台所は珍しいらしいです。Rimg0181 Rimg0190

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

平城遷都1300年祭平城宮跡会場へ

今日はゴールデンウィークの間の平日なので、きっと平城宮跡会場も空いているのではないかと思って出かけてみましたImg_0142

会場付近は駐車場がないので車を木津川市体育館に置いてシャトルバスで平城宮跡会場へ、バスは意外とがら空き!

会場に着いたらすぐに平城京歴史館の整理券をゲット(入場は3時間半後の14時から)

広い会場ではあおによしパレードや衛士隊の再現など色々なイベントが催されていました。Srimg0180 Srimg0211 

行った時には花と緑のフェアも催されており、各所にコンテナ花壇が飾られ、復元された大極殿が真正面に構えている。Img_0165 Img_0167

大極殿の中には国の重要な儀式で天皇が着座した高御座が再現されてました。Img_0172 Rimg0203

平城宮跡資料館やエントランス広場でのイベントをみて、14時に平城歴史館へ、入り口には遣唐使船の復元が!Rimg0220 Rimg0221

歴史館では遣唐使を中心とした平城京の様子がシアタ-で紹介され、奈良時代の様子が少し理解出来た様に思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

東京の秘境?奥多摩日原へ

東京の秘境と言われている?奥多摩の日原鍾乳洞へ一度は行っておかねば! JR奥多摩駅からバスで渓谷の間をぬって約40分(バスは一日に5往復)で東日原に到着!Dscf3277 Dscf3279

山間に囲まれた狭い道路をさらに30分程歩いて日原鍾乳洞へ、周りの山々は鋭い山ばかり、道路の側の崖からは時々石が転がり落ちてくる。もう4月の下旬だと言うのに桜も咲いてました。 Dscf3284 Dscf3293

川すぐ傍に鍾乳洞の入り口があり、頭をぶつけそうな狭い通路を通って鍾乳洞の中へ、見学通路の総延長は1270mあると言う、新洞窟部分へは急な階段を登らねばならないが、ここでは石筍や石柱がみられました。Dscf3298 Img_1630

鍾乳洞を出て少し川を遡ったところで昼食を取ってから、日原渓流釣り場へ!鱒の塩焼きを食べて付近を散策! Img_1670 Img_1655

再び東日原のバス停まで戻ったら、次のバスまで1時間以上(時間を1時間間違っていたため)あるため、新林館を見学!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

東京農工大学科学博物館-吉祥寺美術館

今日も一日中雨の天気なので博物館・美術館巡り! 東小金井駅から歩いて10分程の東京農工大学科学博物館へ!ここは明治19年に農商務省蚕業試験場の「参考品陳列場」が始まりと言うことで大変歴史のある博物館です。

1階には歴史的な紡績機械類が所狭しと展示されてます。その中にはかの有名な豊田自動織機も!Dscf2517 Dscf2525

2階には絹・養蚕関連資料や織機、140年程前からのミシンのコレクションDscf2510Dscf2515_3

また養蚕・製糸・機織をテーマとした江戸時代からの浮世絵も40点ほど展示されていたが、600点も収蔵されているそうである。この収蔵浮世絵はインターネットでも閲覧出来ます。Sdscf2498 Sdscf2492

3階では博物館第70回特別展「未来につながるテクノロジーの道」と称して、農学部・工学部の最新研究の展示紹介がなされており、かなり興味のある展示内容でした。

キャンバス内ではカンピザクラが綺麗に咲いていたが雨でゆっくりとみることが出来ませんでした。Dscf2540 Dscf2532

この後、吉祥寺の伊勢丹にある武蔵野市立吉祥寺美術館へよる。

常設展の浜口陽三記念室では銅版画を、荻原英雄記念室では木版画を鑑賞!

| | コメント (0) | トラックバック (0)