ハイキング

2016年7月31日 (日)

アルプス花の旅2016(その3)




7月23日(土) 白馬 八方尾根自然探求路
                                    
 花の写真はコチラ

朝4時半頃に目を覚まして窓の外をみると山の上まで見える快晴、6時にホテルを出発してゴンドラリフトで兎平へ。
リフトに乗り継いで八方山荘へ向かうがリフトの下は色とりどりのお花畑が
Simg_1661Ssimg_1667

右前方には白馬連山が見えている。
Ss2img_0729
7時にリフトの終着駅(八方池山荘)に着いたが白馬連山は雲の中に!

ここからは八方尾根の花散策。
Ssimg_1008
花盛りの高山植物をカメラに収めながらゆっくりと登る。
Simg_1676_2Ss2img_1678



第二ケルンを通って第三ケルン・八方池には8時半ごろに到着。
Ssimg_1686Ssimg_0889_2



八方池の周辺はガスがかかって周辺は視界は悪く山々は見えないが、池の側でのんびりと9時半頃まで食事と休憩。
Ssimg_0922
再び同じ道を引き返し、リフトとゴンドラに乗り継いでゴンドラ乗り場に11時には到着。
タクシーで白馬駅まで戻り、駅前のソバ屋でざる蕎麦を食べてから12時26分発の電車で帰路に着く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

アルプス花の旅2016(その2)

7月22日(金) 白馬 栂池自然園
                              花の写真はコチラ

八方バスターミナル7時15分発のバスで栂池高原へ、そこからゴンドラリフト・ロープウェイと乗り継いで8時半頃に自然園駅に到着、広い林道を歩いて栂池自然園へ。Tsugake01
まずはミズバショウ湿原、ここでミズバショウは終わりオタカラコウやシモツケソウの花が
Ssimg_0473_2Simg_0593



楠川を渡って浮島湿原への途中にはハクサンフウロウやギンリョウソウなども咲いてました。
Simg_0549_3Simg_0683



浮島湿原はイブキトラノオやオタカラコウの群生が

Simg_0577_2Simg_0586



途中にはニッコウキスゲが咲いてました。モウセン池で休憩してから展望湿原に11時過ぎに到着。
Simg_0605Ssimg_0618



ここで昼食休憩をとるが白馬連峰は雲で覆われて見ることが出来ませんでした。
湿原の最高点まで少し登ってから急な階段を下るとゴゼンタチバナの群生
Simg_0670_2
浮島湿原まで戻り、元の道を通ってワタスゲ湿原へ
Simg_0675
夏でも雪が残っている風穴の前を通って13時半過ぎにビジターセンターに戻る。
Ssimg_1591_3
再び、ロープウェイ・リフトに乗り、栂池高原からバスで八方バスセンターに15時半頃に到着。
Simg_1649_4コンビニで明日の朝・昼飯をゲットしてから諏訪神社前を通って八方ゴンドラ乗り場近くのホテルに16時過ぎに到着。

一休みしてから温泉に入浴後18時より夕食、バイキング形式で少し食べ過ぎた様ではあるが、部屋に戻って別腹で飲んで22時頃には床に着く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルプス花の旅2016(その1)

今年も中央アルプス千畳敷と白馬の栂池自然園・八方尾根へ花散策へ友人と出かけました。
S2simg_0248_2
昨年も同じコースを同メンバーで出かけたのですが、白馬では豪雨で山には登れませんでしたので、今年はリベンジです。

豊橋駅に13時40分に全員集合。天竜川沿いの渓谷を走る飯田線に乗り込んで出発、途中の駅で乗客の人が蜂にさされたとのことで救急搬送されたために天竜峡駅での乗り継ぎが出来ず1列車遅れることになり、駒ヶ根駅着は19時40分頃になりました。Stenryukyo_2
到着してホテルの荷物を置いてすぐに近くの居酒屋さんへ夕食へ行き、帰りは散策がてら町中のコンビニに寄ってからホテルに戻りました。

7月21日(木)中央アルプス千畳敷カール

                                                        花の写真はコチラ

駒ヶ根駅6時発のバスに乗って駒ヶ根ロープウェイ乗車口のしらび平へ、すぐにロープウェイに乗り次いで7時10分には千畳敷駅到着。雲海の上に南アルプス連邦が、その後ろに富士山を見ることが出来たが、10分程で富士山は雲に覆われてしまう。
Ssimg_1507Ssimg_0245



 ロープウェイからの富士山       千畳敷よりの富士山

千畳敷カールは青空の下にくっきりと見え、看板の前で記念写真を撮ってから極楽平へと向かう。
Ssimg_0261
高山植物の花を見ながらの登りであるが、花のピークを過ぎた様でした。Simg_0369
後ろを振り返ると南アルプス方面はもう雲で見えなくなってました。

極楽平には8時25分に到着、昨年度は霧で殆ど視界がなかったが今回はパノラマの大展望。ここから三の沢岳分岐点までは周りの山々や高山植物、飛び交う鳥を見ながらの散策。 分岐点で食事を取りながら大パノラマの展望を堪能。Simg_0355
 三の沢分岐点よりの宝剣岳方面
Simg_0328
 三の沢分岐点より三の沢岳

Simg_0341
 三の沢分岐点より空木岳方面
Ssimg_0333
 ハイマツの上を飛び交うカヤクグリ
Simg_0310
 

帰りの電車の時間も気になるので三の沢岳方面に少しだけ進んですぐに引き返し、千畳敷カール遊歩道へ。Ssimg_1557
 剣ヶ池よりの宝剣岳(雲に覆われてしまったが時々姿が見られました)

12時過ぎにはロープウェイ・バスと乗り継いで駒ヶ根駅に13時過ぎに到着、近くの食堂でソバを食べてから13時50分の電車で次の目的地、白馬へ向かう。

白馬駅には18時27分に到着、タクシーで本日の宿泊先に移動してから居酒屋さん(喜八)で反省会、ホテルに戻って温泉に入り部屋でも反省会をして就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

白馬・千畳敷花散歩2014

          今回撮影した高山植物の写真はここをクリック

7月28日(火) 

今年も白馬方面へ花散歩へ友人と出かける。最初は名古屋周りで白馬へと思っていたが、先日の大雨で中央線の一部が不通になっているために糸魚川経由で行くことにしました。

Rimg0004

Rimg0009_3

自宅を7時前に出発、近江塩津で友人と合流して敦賀・金沢で乗り換えるが、金沢駅では反対方向の電車に乗り込んで大慌て、発車間際気づき1本遅れの電車で富山から糸魚川に無事到着。ここから姫川沿いを20~30kmの速度で走る気動車に乗り、南小谷で乗り換えて白馬へは18時6分に到着。宿泊先の白馬ロイヤルホテルに到着して温泉へ入ってから駅前の飲み屋さんで喉を潤す。

7月29日(水)栂池自然園へ      

                                           栂池の高山植物はコチラ

Rimg0011s_edited1_2
朝起きて見るとホテルの窓からは白馬連山が綺麗に見ることが出来ました。7時前にレストランで朝食を済まし、駅前からバスに乗って栂池高原へ。
ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぎ、道端の高山植物を見ながら自然園ビジターセンターに到着。

Rimg0034s_2Img_1799sいよいよ自然観察園へ、すごく晴れてはいるが雲が山に覆い被さり始めてました。

高山植物の花は昨年より1週間ほど早いせいか、昨年とは様子が変わっていてニッコウキスゲが満開、ツマトリソウもあちらコチラに咲き誇っていました。

Img_1733s花の写真を撮りながらのんびりと歩いて展望湿原へ11時過ぎに到着、大雪渓は見えるが山頂付近は雲で覆われて見えません、ここで昼食をとりながら約40分程休憩。

休憩後は少し登ってから急な階段を下りて再び浮島湿原に到着、湿原のまわりをぐるりとまわってからワタスゲ湿原まではもと来た道を引き返す。

風穴の方の木道を通ってビジターセンターに14時15分ぐらいに到着。

夜はホテル近くのそば屋さん(そば神)へ、結構美味しいものを食べることが出来ました。

7月30日(木)八方尾根自然探求路   

                                    八方尾根の高山植物はコチラ 

Img_1849s
今朝の白馬の頂上付近は雲がかかっていて全貌は望めないが天候は晴れ。レストランで朝食後、タクシーでゴンドラリフト乗り場へ、ゴンドラ・リフトを乗り継いで標高1830mの八方山荘に8時20分頃に到着。途中、リフトの直下は高山植物が色とりどりに花を付けに咲き誇ってました。

Rimg0159s2Img_2098sここからは高山植物を観察しながら八方池までゆっくりと散策、第3ケルンには10時20分に到着。

八方池付近では時々雲で白馬連山の全景は望めないがのんびりと11時半ごろまで休憩。再び、もと来た道を折り返すことに途中で雲が切れ僅かに山のピークを見ることが出来ました。

Img_2089ss
リフト、ゴンドラで下山、ゴンドラ乗り場へは14時10分に到着。タクシーで白馬駅まで戻り、15時37分発の快速リゾートビューふるさと号で松本へ、ここで乗り換えて岡谷へ向かうが塩尻の手前で集中豪雨で木が線路上に倒れて電車がストップ。どうなるかと思ったが約20分程で復旧し、無事20時前には駒ヶ根の駅に着くことが出来ました。

8月1日(金)駒ヶ岳千畳敷カール-浄土乗越 

                                        千畳敷の高山植物はコチラ

Img_2121s
駒ヶ根駅6時の始発バスでロープウェイ乗り場へ向かうが、今日は途中、菅の台バスセンターで乗り換えがあった。順調に始発のロープウェイに乗り込み千畳敷駅には7時10分には着くことが出来ました。 今日の天気は予想に反して快晴、富士山は見ることが出来なかったが雲海の先に南アルプスを綺麗に見ることが出来ました。

Img_2211Img_2166_2 千畳敷のお花畑も今が盛り、シナノキンバイやハクサンイチゲ、クロユリなど綺麗に咲いてました。 浄土乗り越しの天狗山荘裏の岩場で景色を楽しんでから再び下山。千畳敷カールを一周して11時40分頃にはロープウェイに乗り込み順調に乗り継いで駒ヶ根駅には12時40分頃に到着。近くの食堂で蕎麦を食べ、13時34分発の天竜川行き電車で豊橋経由で名古屋へ、23時頃には帰宅することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

金剛山ニリンソウ

日は天気も良く、足の調子もかなり治って来たので金剛山へニリンソウを見に行くことにしました。

Img_0829

車で約2時間、金剛山登山口に8時半頃に到着。

ここから登山開始、しばらくは広い林道を歩き、途中で出会った年配の人と話をしながらのんびりとカトラ谷途中まで行く。

カトラ谷入り口までは約40分で到着、この付近にはミヤマキケマンやヤマルリソウがあちらこちらに見られました。

Img_0800Img_0798s





ここから谷に沿っての登りとなるがイチリンソウが谷に沿って咲き、少し上がるとニリンソウの群落に出会います。

Img_0805s2Img_0820s

このニリンソウの群落のすぐ上にヤマシャクヤクやツクバネソウの咲いてました。

Img_0873Img_0914





このニリンソウの群落の中でふた休みぐらいして昼食をとりながら12時過ぎまで過ごしました。ここから山頂までの急な登りを登り切った所にはじめて見たサイゴクサバノオが咲いており、綺麗な写真を撮ろうと頑張ってみましたが花の位置や背景が自由にならないのでこのような写真になってしまいました。

Img_0934_2
頂上に着くと桜が見事に咲いていました。山頂の散策コースを散策、ここではコガネネコノメソウやミヤマカタバミがみられ、カタクリも終わりかけてはいたが見ることが出来ました。

Img_0964_2Img_0994








下りはまだ歩いてないコースを歩こうと松の木コースを下山、出会う人はゼロでかなり急な下りでした。駐車場には15時半に到着。

上記以外に出会った花はコハコベ、ヒトリシズカ、フタリシズカ、ユキザサ、キンキエンゴグサ、シロバナネコノメソウ、タニギキョウなど多く見ることが出来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

白馬花散策

今年の夏は暑いが山の天気が快晴の日が少ない。天気予報を見ながら晴れた日を狙って友人を誘って栂池や八方尾根の花を見にでかけました。

8月5日の18時過ぎに白馬駅に到着。駅近くのホテルへ3分程でいけるのに遠回りをして到着。露天風呂に入ってから夕食をとろうと思ったらホテルのレストランはもう閉まっていたので傘をさしながら近くの居酒屋さんへ、客は我々2名のみ、駅前と言うのに寂しい限りである。

栂池自然園へ    当日撮影した花の写真はここをクリックして下さい。 

Tsugaike4


翌日の天気は雨模様、とりあえずホテルのレストランで朝食を急いでとってから駅前7時10分発のバスで栂池高原へ、栂池高原に到着したときには雨は降らなさそう。ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継いで9時頃に栂池自然園に到着。曇ってはいるが花写真を撮るにはベストコンディションである。自然園の木道を歩きながら至る所に咲き乱れた山草の花をカメラに収める。Otakarakou_img_4554


ゆっくりと歩いてモウセン池を通り展望湿原で昼食、その後雨が降り出すがすぐに止む、浮島湿原・風穴を通ってビジターセンターに15時半頃に戻る。普通は3時間半のコースではあるが花を眺めながら2倍ぐらい時間をかけて歩いたことになる。

八方バスターミナルでバスを下車し、インフォメーションセンターで今夜の宿を紹介して貰う。

八方尾根自然探求路へ当日撮影した花の写真はここをクリックして下さい。

Happou_asa


朝から快晴である。宿を6時半に出発、朝一番のゴンドラリフトを乗り継いで自然探求路の起点である八方池山荘には7時40分頃に到着。白馬方面の山々はすっきりと見え、低い山々は雲がかかっていて何とも言い難い素晴らしい風景である。

帰りの電車の時間があるので今日はゆっくりとはしないで歩くことに!探求路の側に咲いている花も素早くカメラに収めながら第2ケルン、第3ケルンを通って9時過ぎに八方池に到着。Rimg0190

9時半まで池周辺で休んで同じ道を戻り10時半にリフト乗り場まで戻る。再びゴンドラリフトを乗り継いで麓には11時10分頃到着、近くにいたおばさん達とタクシーを相乗りして白馬駅に向かう。駅には予定より早く到着することが出来ました。駅でざる蕎麦を食べてから12時過ぎの列車に乗り込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

尾瀬水芭蕉2011

  会社の同僚が尾瀬に行ってみたいとのことなので、一緒に尾瀬の水芭蕉を見に出かけました。 Dscf8949  台風2号が心配でしたが、雨に降られることもなく金曜日の夜に新宿を出発!いつも通り、戸倉からバスを乗り換えて鳩待峠から歩くが雪も少なく、雪の上を歩くことも殆どなく山ノ鼻へ6時過ぎには到着。ここで小休止、私はのんびりと風景を眺め、写真を撮りながら歩きたいので、同僚とは2時間後に竜宮小屋で落ち合うことにする。

Dscf8960

1時間ほどで中田代の水芭蕉と至仏のビュースポットに到着、薄く雲はかかっているが写真としてはバッチリ!この場所は5度目の訪問となるが、何度見ても飽きない風景である。

ここから数分で竜宮小屋の十字路に到着、この付近はリュウキンカの黄色い花や水芭蕉が一面に、またこの付近からの眺めも抜群!Img_2217 Img_2225

Dscf8975_3

 ショウジョバカマやタテヤマリンドウなどの花も咲き始め桜もいまが盛り、いよいよ尾瀬の春が始まります。

Rimg0054Rimg0058

花を眺めながら同僚を待つが1時間待っても到着せず、時間を言い間違えたらしい!(10時と伝えたみたい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

日影沢の花

  2週間前に日影沢へ行ったが花はまだ早すぎた様なので、もう一度行ってみました。

キクザキイチゲはもう終わりでしたが、ニリンソウは至る所で満開、見事です!Img_3817

Img_3779 Img_3800

高尾山はスミレの宝庫、タカオスミレを始めて見ることが出来感激です!Img_3701

カオスミレは葉が黒紫色のが特徴らしいが緑色のものもあり、 ひょっとして下右写真はヒカゲスミレか?

Img_3674_2

Img_3739

その他にもエイザンスミレ、マルバスミレ、タチツボスミレなどスミレのオンパレード。Img_3694 Img_3707

その他の花としてはかわいいセントウソウ、ミヤマハコベImg_3655

Img_1858

ミヤマカタバミや小さな紫色のミヤマルリソウ 。

Rimg0420 Img_1845

そして、山で出会った人に教えてもらったフタバアオイとその花Img_1839 Img_1837

これら以外にもいっぱい花が咲き、写真もいっぱい撮りましたがすべて記載できません。

山草をいっぱい見てほんわかと楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

早春の日影沢林道

今日はかなり暖かくなりそうなので郊外にでも行ってみようと、高尾山の日影沢へ山草を見に行って来ました。

アヅマイチゲとクザキイチゲよく似た花ですが、両方を見ることが出来ました。Img_2625 Img_2631

ニリンソウは川沿いに一面に咲いてましたが、上流付近はまだまだこれからという感じ!Img_2646 Img_2667

マッチ棒の先ぐらいの白い小さい花が一面に、ハナネコノメというらしい!Rimg0010Img_2673

ヨゴレネコノメ(イワボタン)変わった名前だけど、この花は沢山咲いてましたね!またユリワサビの小さな白い花もあちこちに!

Img_2622Img_2617

今年は寒い為か、山の花はこれからと言う感じです!来週以降が見頃かもしれません!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

高尾山ハイク10月

今日は朝から快晴、この休みはあまり歩かなかったので少しは歩かなくてはと思っても適当な場所が見当たらないので手軽な高尾山へ出かけました。

武蔵野線府中本町から南武線に乗り換えて分倍河原より京王で高尾山口に向かう。今日も高尾山のケーブルカー乗場は超満員!でもケーブルカーで高尾山駅へ(15分程並ぶだけで乗車)!

Rimg0304Dscf7683

   

Rimg0305

薬王院を通り抜けて山頂へ向かうが、参道や頂上は昨日の原宿並みの混み方、久しぶりの天気で皆さんハイキングに出かけて来たみたいです! 紅葉はまだまだの様であるが、緑を眺めながら、山頂から少し城山方面へ降りたところ弁当を食べてゆっくりと過ごすRimg0315Rimg0278

山頂周遊散策道をぐるりと回ってから先月に登った琵琶滝コースを下山Rimg0321Rimg0328

下山道も混雑気味、登って来る人思うように歩けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧