« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

大雄山・最乗寺

Img_0144さて今日はどこの紅葉を見に行こうか?とインターネットで探すと神奈川県南足柄市にある大雄山最乗寺の紅葉が見頃とのこと。早速、大雄山へと、小田原から伊豆箱根鉄道に乗り換え大雄山へ、そこからバスに乗って最乗寺に到着。

残念ながら紅葉のピークは既に過ぎ去ってしまって、本堂や開山堂の入り口付近いの紅葉は僅かに残っているだけ、鐘楼より上は完全に落葉状態! Img_0151_3 Img_6159

ここだけで帰るのは、今日一日に悔いが残るので何処か行くことが無いか?駅まで歩いて帰りながら、うろうろと! すると「丸太の森」と言うところへの道しるべが、そちらへ立ち寄ってみることに!Img_6227 Img_6213

メイン道路から1kmほど歩くと、郷土資料館や昔の民家、そして森林公園が!紅葉もバッチリ、すばらしい隠れスポットでした。Img_6288 Img_6272

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

成田山新勝寺の紅葉

本土寺で紅葉見学をしてからJR成田線で成田へ、約1時間余りで到着。土産物が立ち並ぶ商店街通って約15分で成田山新勝寺の山門に! 仁王門の横に立派な銀杏の木があるのですが、葉はかなり落ちてしまってました。

山門をくぐり抜け、大本堂の裏手にある凄く大きな建物である平和の大塔付近の紅葉は真っ盛り!

Img_5883Img_5895

ここから成田山公園へ行ってみると、公園にはかなりの数のモミジが色づいてまた、今が見頃という感じです。でも、途中で小雨、それ以降は曇り気味で撮影には厳しい環境となってしまいましたが、とても綺麗な公園です。Img_5924 Img_5947  

もう一度、ゆっくりと来てみたい感じです。Img_5916 Img_5933

この後、再び本土寺の紅葉のライトアップへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土寺の紅葉

もうそろそろ東京近郊のモミジが紅葉する頃になりましたので、近場の本土寺の紅葉を見に行ってみました。 ここはアジサイや菖蒲の時期には何度も訪れたことはあるが、紅葉時期は始めて!Img_5758 Simg_5822

紅葉はあまり期待していなかったが、なかなか素晴らしい特に回廊の周辺と回廊の窓ごしの紅葉は真っ赤でした。 でも写真に撮ってみると、やっぱり京都の紅葉には勝てないな!Img_5793 Img_5866

夜にはライトアップされると言うことで、夜に再び訪れてみました。Simg_6114Simg_6124_2

池に映ったライトアップされた紅葉はすごく幻想的であるが、手持ちでの撮影はとても難しいです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

京都の紅葉(南禅寺)

哲学の道の終点?若王子神社から南禅寺方面に少し入った所にある永観堂、ここも境内一面がモミジで覆われている。紅葉も真っ盛り、でも拝観料が1000円、ちと高すぎる。お寺は税金も払わずに丸儲け! 昨年も入ったので今年は入り口だけでパス。入り口だけでも結構見応えはあります。 Img_0206 Img_0120

南禅寺も全山紅葉だらけ、疎水と紅葉もいいですね!法堂北側の銀杏も真っ黄色の色づいてました。Img_0282Img_0229

秋の南禅寺で好きな庭園は南禅院、ここの紅葉は本当に素晴らしいです!小さな庭園ですが何時間いても飽きません。Img_0250  Img_0270  

山門の南前にある天寿庵、ここの入り口の紅葉はとても綺麗であるが中には入った事がなく、始めて庭園を拝観してみました。ここも素晴らしい紅葉でした。Img_0094_2 Img_0339

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の紅葉(哲学の道付近)

今年最後の連休は京都の紅葉見学です。

Img_0123まずは哲学の道付近から、この付近の紅葉はまだ色づき始めたばかりの感じでした。

銀閣寺の入り口付近では色づき始めたモミジの前で和服の人と人力車の俥夫とショット、なかなかいい雰囲気でした。

哲学の道を少し下って山手の方にある法然院、まだ見頃には少し早いようですが、緑の中に一部紅葉していてるバランスもなかなか良いものです。Img_0144

法然院の同じ並びにある安楽寺も同様に紅葉が始まったばかり、その隣の霊鑑寺は外から除いただけであるが、紅葉真っ盛りの感でした。Img_0158 Img_0174 

白川通りの西側から少し入った所にある真如堂、ここの境内の紅葉は見頃を迎えて、三重塔と本堂の周りの紅葉は素晴らしかったです。

Img_0078 Img_0087

ここには京大で開かれた学会の昼休みに行ってみました。Img_0064Img_0065

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月23日 (日)

奈良の紅葉

奈良公園の紅葉はいつも見ているので、今日は違うところに行ってみることにしました。

奈良公園を越えて、少し南に行ったところの正暦寺へ、近くまでは順調にいけたのですが、駐車場に入るのに狭い道路で順番待ち、3、40分ほど道路で待ったが整理員の人がテキパキと誘導してくれて駐車場に入ることが出来ました。 正暦寺の紅葉は色づきが今ひとつ赤くなっていない、以前に来たときもそうだった、ここのモミジは鮮明なる赤ではなかったのでした。Srimg0155

Img_0008

早々に引き上げて、長岳寺に行こうと思ったが、ここも車でいっぱいなのでパス!

長谷寺へと、国道沿いの駐車場に車を預けて、ここから参道を歩くことに!Srimg0190Srimg0176

   

長谷寺の紅葉は全山、朱や赤や黄色で彩られて凄く綺麗です。Img_0039Img_0138

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

浄瑠璃寺の紅葉

昼過ぎに下の兄夫婦が我が家に来てくれ、一緒に近所の浄瑠璃寺に行ってみました。

紅葉に囲まれた三重塔や本堂、浄瑠璃寺の紅葉は今が一番見頃でした!Rimg0117 Rimg0145

平安時代に出来たこの池の石橋は日本で一番古い石橋と聞いたこともありますが、本当かどうかは解りません。Rimg0119 Rimg0136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

東大和南公園

今日は朝から雨が降ったり止んだり、出かける気がしないが、都内の紅葉情報で近場で紅葉しているところに東大和南公園があった。あまり期待はしないが行ってみることに!

JR新小平下車、西武にて青梅街道より玉川上水下車、5分ぐらいで都立東大和南公園に到着。立派な公園であるが、あまり紅葉はなし、コナラの木々は黄葉しているがあまりたいしたことはなし。  Img_0030Img_0008

でも、一部に紅葉している葉を撮影、南側の銀杏は数は少ないが綺麗でした。Img_0001 Img_0014

まあ、紅葉情報に記載されるほどの場所ではなかったですね! 最初から期待はしてませんでしたが、近くの団地内の桜の紅葉の方が綺麗でした。 

帰りは玉川上水沿いをさんぽしてから帰宅!Img_0039Img_0047

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

鳥居観音の紅葉

関東地方の紅葉も里に降りて来たようです。埼玉県の近場で行ったことの無いところを紅葉情報で探していると、有間渓谷と鳥居観音が出て来ました。

Simg_5529 西武池袋線飯能駅から、国際興業バス名郷行きに乗車、さわらびの湯経由で約40分で連慶橋に到着。

「なぐり紅葉まつり」の案内標識が、橋を渡ると山の上に白い大きな観音様が、周りの山々はあちころに紅葉が見える。すぐに鳥居観音の本堂に到着、本堂の左手の奥は紅葉、右手はイチョウの黄葉が見事です。

大きなイチョウの木の下からハイキング道を通って頂上の救世大観音へと、紅葉のハイキング道をしばらく進むと仁王門に到着、ここの紅葉も素晴らしい!Simg_5539 Simg_5567

次は平和観音、ここからは全山が見渡せ、紅葉に囲まれた三蔵堂、大鐘楼、納経堂、救世大観音が一度に見渡せます。空が曇っていたために救世大観音の写真写りが悪い為に、ここからの写真は記載しません。

15分ほど歩くと三蔵堂に到着、真っ白い建物に紅葉もいいですね! Img_5612 Simg_5625

ここからは納経堂と救世大観音がよく見渡せます。Simg_5631 Img_5639

さらに5分程歩くと、ようやく救世大観音に到着、この観音さんは高さ33mもあるのでどこからも見えます。 

Simg_5702 帰りは車道を下山、入り口の近くには竜宮城のような門が!

紅葉も素晴らしかったですが、スケールの大きなお寺に驚きました。

誰がこの様な大きなものをつくったのかと後で調べてみると、埼玉銀行の頭取さんが昭和15年に開山されたそうです。そして全山に祭られている仏像や建築物のほとんどを亡母供養のために本人が作刻したのだと言うからまた驚きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

秩父ミューズパーク

今日は朝からどんよりと曇った天気で、出かけるのも億劫な日でした。キャノンの大撮影会(こどもの国)に行こうか、秩父方面に行こうか迷ったのですか、結局秩父へ行くことにしました。 行く途中では自衛隊入間基地で航空祭が開催されていて電車は混雑していました。

Img_4812西武秩父駅には電車は遅れて昼頃に到着、ミューズパーク行きのバスは発車したばかりだったので約1時間待って次のバスで向かう。

ミューズパークは想像していたよりも大きな公園、(端から端までバスで10分程かかる)どこでバスを降りたら良いか判らないが、とりあえずスポーツの森で下車。南口まで行ってから公園を縦走することに!

秩父ミューズパークの紅葉は素晴らしいでした! イチョウ並木が数キロに渡って黄色に色づいています。 周りの広葉樹は紅葉、イチョウの黄色と紅葉のバランスは素晴らしい!Img_4849Simg_0027

モミジは僅かしかありませんが、モミジとイチョウの赤と黄色もとても良かったです!Img_4837_2Simg_4831   

先日、テレビ東京の「日本名山紀行」で杉田かおるさんが登っていた武甲山も紅葉に囲まれて綺麗に見えました。

寒桜?もいっぱい咲いていて満開でした!Simg_4802Img_4899

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

塩原渓谷

JR西那須野駅に9時過ぎに到着、10時発のバスを待つことに、バス待ちの人は最初はちらほらであったが出発前には大混雑! バスが塩原渓谷に入ったとたんに道路は渋滞、バスも前に進まなくなったのでもみじ谷大吊橋で下車!

この付近の紅葉はまだまだ、ひょっとしたらこの付近はあまり紅葉しないかも!

(名前はもみじ谷大吊橋ですが橋の徒渡券には新緑の山と吊り橋の写真が印刷されています)Img_0007Simg_0002

ここから塩原温泉まではバス道で約8kmですが、この道路は歩道がありません、ハイキング道を行くことに!

もとの車道まで戻って、回顧(みかえり)橋バス停から一気に吊り橋まで下って観瀑台から回顧の滝をみてからハイキングコースへと。

Img_0022

Simg_0014_2 ここからコース終点まで2.8km、1時間もあれば歩けるかなと思って出発、でもずっと登りばかり、登り坂が一服したところでエネルギーが切れて昼食!

 これで下りになるかと思ったらまた登りである。 一番上のあたりは少し紅葉!この付近からは急な下りとなる。最後はコンクリートの階段を下って留春の滝に到着。この付近の渓谷と紅葉は綺麗でした!(後でガイドブックをみるとこのコースは健脚コース)Img_4707 Img_4721

また、吊橋を渡って階段を上がると、車道にでる。ここから山を少し登って下って大綱に到着、次のハイキングコースのやしおコースの起点である。

Simg_4729 ここから少し下って箒川ダムを渡りブナやミズナラなどの原生林を通り抜け少し登って下ると布滝観瀑台に到着。

少し山を越えると森林の中に露天風呂(不動の湯)と足湯があり、温泉街からの散策コースになっているらしい! 

吊り橋の近くにも露天風呂 、ようやく塩原温泉に到着。

天皇の間記念公園に立ち寄ると紅葉が真っ盛りでした。

Img_4767

Img_4772

 

Img_4797 Img_0042 川の散策路を一周してからビジターセンター、七つ岩吊り橋を通って、バスターミナルに到着。 すぐにバスは出発したが、帰りもバスは渋滞で西那須野駅まで2時間もかかってしまいました。

今日の歩行数は久しぶりに3万歩となりました。

山道の歩行で少し疲れ気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

日光霧降隠れ三滝

11月になりました。が東京近郊の紅葉はまだまだであるが、東北地方が今見頃を迎えているであるあろうがちょっと遠すぎる。

日光も湯元温泉や戦場ヶ原付近の紅葉はもう終わってしまっている。今は中善寺付近が見頃だろうと思って日光へ行ってみました。

大宮から東武春日部駅から満員の日光行き快速に乗り込む。日光駅は人々で溢れかえっていました。

今日はいつもより遅めに着いたので中善寺湖へはいろは坂が渋滞で何時間もかかってしまうだろうと思って、行き先は霧降隠れ三滝にすることにする。観光案内所で地図をもらい、霧降高原行きバスに! バスを隠れ三滝入り口で下車、でも道案内の標識はなにもありません。

Img_4585道路の右手が川のはずなので右手の道を進んで行き小さな橋を渡ると案内標識が、右手がマックラの滝、左手の山道が丁字の滝と!

右手の広い道を進むことに、20分程歩くと マックラの滝の標識があり、川を渡って少し進むと結構大きな滝が目の前に現れました・

めずらしい北向きの滝で、落差30m、幅10mの幽玄な雰囲気のある見応えのある滝でした。Img_4583

ここから少し戻って、もと来た道を横断して玉簾の滝へ向かう。Img_4599

少し山道を下ると川沿いの道となり、水が岩の間を流れる音がとても美しく聞こえます。 

この途中で河原に降りて、水の流れを聞きながら昼食!

ほんの少し下ると玉簾の滝です。 幅20m落差6mの滝で、こんな小さな川にこれほどの幅の広い立派な滝があるとは想像も出来ませんImg_4634Img_4626

隠れ三滝の一番下の滝が丁字の滝です。

Img_4640 Img_4645

やはり、霧降の滝は見ておかなければと、しかし滝の見晴らし台に着いた時は15時近くになっていたために、滝付近は日の陰になってしまって綺麗には撮ることが出来ませんでした。Simg_4666 Simg_4670

帰りは臨時列車でゆっくりと帰ることが出来、のんびりと過ごせた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »