« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月25日 (土)

加茂まつり一日写真教室

  今日・明日と木津川市加茂まつり、恭仁京跡を中心に町内各地でイベントが開催されています。ちらしを見てみると、一日写真教室があるらしい、コンパクトデジカメを持って参加することに!

Rimg0011_3 加茂駅前に10時に集合、多くの人は大きなカメラと三脚を持っての参加である。 写真教室の会場は岩船寺から石仏コースを通って浄瑠璃寺にかけて行われました。

写真指導は写真家の矢野武彦先生!最初は岩船寺の三重塔が被写体。

ここでは先生の構図を真似て撮ることに!先生と同じ構図にするのもなかなか難しいものである。

雰囲気のある写真を撮るには少し暗めに撮るのが撮影のこつとか!

Rimg0040_2

Rimg0031

岩船寺の次は石仏コースへ、まずは一願不動(不動明王磨崖仏1287年)Rimg0047

ここは暗くてとても撮影し難い場所であったが、石仏の雰囲気は撮れたかな?

次は有名なわらい仏(阿弥陀三尊磨崖仏1299年) 石仏の写真は横から撮るのがポイントとのこと!Rimg0059

 カラスの壺(阿弥陀地蔵磨崖仏1343年)、ここには一つの石の二面に阿弥陀如来と地蔵菩薩が彫られています。ロウソクの灯った雰囲気はなかなかのものです。Rimg0066 Rimg0076_2

写真教室の最後の石仏は藪の中三尊(阿弥陀如来坐像、地蔵菩薩立像、十一面観音) この場所は普段、暗くて写真の撮りにくい場所であるが、今日は光線の具合がとても良かったです。Rimg0101Rimg0108

ここを撮影した後は、浄瑠璃寺の入り口にある「あしび」で昼食をとってから浄瑠璃寺の境内で撮影!まだ、紅葉には少し早いようだったが、紅葉時の撮影スポットを教えて頂く!Rimg0147Rimg0146

上の写真は紅葉スポットではありませんが、少し紅葉していたので撮ってみました。

写真教室はここで解散、私は首切地蔵1262年、当尾では最大の石像である大門磨崖仏の前を通って家路に!Rimg0154 Rimg0158 

帰路の田んぼの畦にはミゾソバやキリンソウ、ツリガネニンジンなど多くの花が賑やかに咲いてました。Rimg0176Rimg0178

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

福山-尾道

出張で岡山から尾道方面へ、宿泊は福山、仕事の前に福山城に寄ってみました。

お城では菊花展がはじまり、桜の葉は紅葉が始まってました。Rimg0038Rimg0021

本日の仕事は向島、尾道での下車は始めて、仕事が終わって少し尾道を散歩してみました。

Rimg0090まずは尾道駅からバスで浄土寺へ、ここは聖徳太子の開創と伝えられているが、1300年代に定證上人により再興されたもので、本堂・多宝塔が国宝、山門や方丈、唐門など多くの建築物や仏像・絵画などが重要文化財に指定され、文化財の宝庫のお寺でした。

ここから海徳寺-西郷寺(泣き龍天井がある)を経て西国寺へ。

尾道最大の寺院で行基菩薩の創建と伝えられ、現在の建物は室町時代のもので金堂や三重の塔などが重要文化財である。Rimg0106 Rimg0120

大山寺-福善寺-慈観寺-妙宣寺を通って千光寺ロープウェイで山頂へ、ここから文学の小道を通って千光寺へと降りる。

途中でしまなみ街道付近の写真を撮ろうとカメラを構えたとたんに、前のめりに階段を踏み外して転けて顎と両手を怪我。 どうして転けたのか判らないが、またカメラも怪我をしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

赤城山の紅葉

昨日はあまり歩いていない気がするが、膝を痛めてしまったらしい。階段を上り下りすると右膝に痛みを感じて歩けない。しかし、紅葉を求めて赤城山方面へ行くことにしました。

前橋駅から赤城山への直通バスは一日に4便しかありません、第一便には間に合わなかったので富士見温泉行きのバスに乗って乗り換えて赤城山へ向かうことに!

Rimg0059_2しかし途中渋滞で乗り継ぎバス時間に間に合いそうにありません。運転手さんに無線で乗り継ぎをするバスを待つように連絡して頂いて無事赤城山へ向かうことができました。

終点までバスを乗る予定にしていたのですが、白樺牧場の前を通るとダケカンバの白い木々がとても美しいので展望台下で下車。白樺牧場まで少し戻ってみました。

牧場と白い幹を現れたダケカンバの山並、真っ青な空、すばらしい景色です。ススキも白い穂が風に吹かれながら白く光ってます。 Img_4481Img_0490 

 

膝が痛いので今日は山登りは止めてなるべく平坦な散策路を歩くことに!

展望台に登ってから、旬碑めぐり道を通って大沼へと、ひっそりとした山道の途中には終わりかけているが紅葉がところどころに! Img_0525 Img_0511

木々の葉は殆ど落ちて、黒檜山が良く見えます。Img_0527 Img_0501

大沼の周辺を少し歩いて覚満淵へ。この周辺の紅葉は期待していたが既に終わり、湿原一面にススキの穂が輝いていました。Img_0555 Img_0548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

蓼科高原の紅葉

蓼科高原の横谷渓谷に行って来ました。

茅野駅からメルヘン街道バスで約40分、横谷観音で下車。 横谷観音周辺はすごい綺麗な紅葉です!Img_0385 Img_4315

ここから少し下ると横谷渓谷になり、赤や黄に色づいた木々の間を歩きます。30分ほど歩くと「おしどり隠れの滝」に到着、紅葉に囲まれた素晴らしい滝です。Img_4347 Img_4342

ここから来た山道を再び戻って、急な下りを降りると「王滝」展望台へ!この滝は横谷渓谷で一番大きな滝ですが、近くには行くことが出来ません。ここからさらに下ると数十メートルの岩盤の上に渓流が流れている「一枚岩」に。Img_4371Img_0459 

一枚岩からさらに渓流沿いの道を下り、「霧降の滝」の前の橋を渡って「乙女の滝」に、水飛沫を上げて流れ落ちる迫力のある滝でした。Img_0465Img_0470

帰りのバスまで時間が無いので慌てて横谷峡入口バス停へ、再びメルヘン街道バスで茅野駅まで戻りました。駅の近くの紅葉もきれいでしたね。Img_4441 Img_4457 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

那須高原茶臼岳

昨日に行った谷川岳は紅葉を見るには少し欲求不満、やっぱりこの連休はまともな紅葉をみたいな~! 朝起きてから赤城山、八ヶ岳、日光どこにしようか?と迷ったが、 昨年に行った那須高原の紅葉はすばらしかったのでそちらに行くことにしました。

黒磯駅には9時過に到着、すぐに那須ロープウェイ行きのバスに乗り込む。ところが大渋滞、一時間でロープウェイ山麓駅に到着するはずが3時間かかっても着かず(昨日は5時間かかったとのことでした)途中でバスを降りて歩いてロープウェイ山麓駅へ!Srimg0055

12時30分には到着。バスに乗っている間は快晴だったのですが、現地に着いた頃にはかなり曇ってしまってました。

ロープウエイに乗ると周りや眼下は紅葉で真っ赤に染まってました。

山頂駅を降りると、白い穂が一面に、山道の側には白いシラタマの花が咲いていました。Img_0184_2 Img_0175_2

茶臼岳から南月山の斜面にかけても、赤・黄・朱と色とりどりに染まっています。Simg_0215Simg_0253

   

姥が平にかけても真っ赤、山々のすべてが染まってしまってました、残念ながら曇ってしまっているので綺麗な色での表現は出来ませんが!Img_0237 Simg_0288

昨年に来たときは、この付近はガスってしまって頂上付近は全く視界がなかったが、今日は曇りではあるが視界はかなり良好、火山の噴煙も各所がら立ち上がっているのが良くわかります。ひょうたん池周辺の紅葉を見下ろしながら噴煙の横を通って峰の茶屋跡へ到着。 旭岳方面は雲がかなりかかってしまっていましたが、そこから東に続く鬼面山の斜面も紅葉で真っ赤に!

Img_0301_2

Img_0339

左手に真っ赤な紅葉を見ながら下山

Img_0353Img_0350_2 

3時過ぎにはロープウェイ山麓駅に到着、3時半発のバスはもう満車、次のバスに乗って黒磯まで戻る。6時前には駅に到着することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

谷川岳一の倉沢

もうそろそろ山手では紅葉が始まる頃、谷川岳へ行って来ました。

JR信越本線(本線と言いながら一日に5本しか列車が走ってない、一本遅れると3時間後になってしまうのです)の土合駅で下車、地下駅なので階段を486段上ってようやく改札口へ!階段を上るだけで山を登った感じがしますImg_0014Img_0162

ここから歩いて約30分、道路は車で大渋滞だが、こちらは道路端に咲いた花を眺めながらロープウェイの乗り場へ到着。 乗り場は切符を買うだけで何百人の行列、ロープウェイに乗るには何時間も待たねばならないので、天神平へ行くのは止めて、一の倉沢方面へ行くことにしました。Img_0019 Img_0017

一の倉沢までの道路は通行止め、のんびりと森林浴をしながら、色づいた山々を眺めてハイキング!Img_0098Img_0096

 

一の倉沢付近はまだ紅葉には少し早いようであるが、山の上は紅葉真っ盛りの様である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

佐原の大祭

  今日から3日間は佐原の大祭(秋祭り)。関東にいる間に一度は見ておきたいと言うことで、祭りが一番盛り上がる昼頃に佐原に到着。Dscf1923Dscf1930

昼には雨が上がるとの天気予報であったが現地は雨、14台の山車はビニールに覆われたまま、小野川沿いに並んでいました。Dscf1940 Dscf1948

総踊りが始まる少し前に雨が止み、ビニールの覆いは取り除かれ、大人形は山車の上に現れました。

佐原囃子のリズムにのって14町内の総踊りが披露され、その後、山車を曳いて各町内に戻ります。 千葉商船前では山車が90度方向転換をするのですが、少し迫力を感じます(祇園祭りとは比較にはならないですが)Rimg0042 Rimg0051

山車が各町内に戻る途中に、踊ったり「のの字廻し」を行ったり、楽しく迫力のあるお祭りでした。Img_0033 Img_0043

Img_0047  Img_0054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

源氏ミュージアム

宇治の源氏ミュージアムがリニューアルしたとのことなので行ってみました。Rimg0332 Rimg0314

今年は源氏物語が広く世に知られから一千年目にあたるとのことです。源氏物語当時の様子をわかりやすく再現した施設で、源氏物語を読んだものにとってはすごく興味をそそる施設らしい!Srimg0320

映像展示では源氏物語の魅力やあらすじを紹介、平安の間では装束や調度品などを展示して王朝文化を表してます。

企画展では実家の近くにある陽明文庫に伝世する源氏物語の古写本を中心に陳列されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »