« 近所の山野草 | トップページ | 那須高原 »

2007年10月14日 (日)

建仁寺-六波羅蜜寺

8月に東京国立博物館で開催されていた「京都五山禅の文化展」に行ったが、何だか展示内容が中途半端で禅の文化の展示に関しては何かもの足りない感じでずっ~と欲求不満になっていた。 と言うことで、昼からは日本最古の禅寺であり京都五山の一つである建仁寺に行くことにしました。

Rimg0101京阪電車の四条駅で下車、南座、歌舞練場の前を通って10分程で建仁寺の北門に到着(歌舞練場の隣に馬券売り場があるが、観光地に合わない感じでいやですね)

北門を入ってすぐ右手に本坊があり、ここが建仁寺のメインである。

庫裡に入ってすぐに俵屋宗達筆の風神雷神図(国宝)がある。

方丈(重文)の枯山水の庭園もみていて気持ちがゆったりとする。 法堂の天井に描かれている「双龍図」は最近のものであるが畳108畳分の大きさがあり、すごく迫力ある龍の図です。Rimg0072Rimg0065他にも茶席(東陽防)や中庭など見所がいっぱいありました。

.

.

.

.

建仁寺には塔頭も十数カ所しかなく、京都の禅寺としては規模が小さい様な感じでした(昔は大きかったのだと思いますが) 

建仁寺の南門を出てすぐ西に禅居庵と言う塔頭があり、ここは猪生まれの守護として信仰があるところと言うことで早速お参りを! おみくじも猪の形をした焼き物の中に入っていて、おみくじを引いて見ると大吉、今年は本厄らしいが何事もなく過ごせそうである。Rimg0115Rimg0117

.

.

.

.

建仁寺から少し離れたところに六波羅蜜寺があり。Rimg0121

ここは有名な空也上人が開創したお寺で、空也上人が念仏を唱えると口から六体の阿弥陀が現れたと言う、空也上人立像が有名であるが、これ以外にも藤原・鎌倉時代の国宝・重文の木像彫刻が数多く安置されていました。

.

|

« 近所の山野草 | トップページ | 那須高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121609/16763454

この記事へのトラックバック一覧です: 建仁寺-六波羅蜜寺:

« 近所の山野草 | トップページ | 那須高原 »