« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

紅葉の尾瀬(三条の滝)

以前から一度秋の尾瀬を訪ねて見たいと思っていたが、なかなか行く機会がなかった。

木曜日の夜に週末の天気予報を見てみると土曜日は曇り時々晴れ、日曜日は曇り後雨であった。それでは金曜日の夜行で行こう!

紅葉を見るのであれば三条の滝へ行ってみたいと思ってコースタイムを調べると鳩待峠からの往復では日帰りは無理! それでは桧枝岐の御池から入って鳩待へ抜ければ約8時間の歩行で済みそうである。 早速、御池へ早朝に着くバスを調べるが殆どない、漸く見つかったが、旅行会社主催のバスで4日前に締め切り。ひょっとしたらと思って金曜日の昼休みに電話をしてみるとOKであった。 仕事が終わってすぐに戻り、山行きの準備をして集合場所の都庁バス駐車場へと!R0014733

バスは桧枝岐の先の七入まで、ここからはシャトルバスに乗り換えて御池で下車。

軽く朝食を済ませて、6時に出発。まずは三条の滝へ向かう!

このコースは滝までは下りの多い道かと思っていたが、嫌な登りばかりである。途中には上田代など広いところがあり、草々は黄色にすっかり変わってしまっている。ハゼなどはもう真っ赤である。R0014746R0014747

  1時間半ほど進むと今度は急な下りである、30分程進むと、目的の三条の滝展望台に着く、この滝は尾瀬ヶ原のすべての水を集めて流れる只見川本流に懸かるもので落差約100mの迫力のあるものであった。

三条の滝から上流に約40分程進むと平滑の滝を見下ろすことが出来る。写真を撮るにはあまり綺麗ではなかった。

Img_2633 さらに20分程進むと温泉小屋へ到着、ここの紅葉は素晴らしい!

ここでもう一度、朝食を取ってゆっくりと休憩、9時50分出発

東電小屋経由で山ノ鼻へ向かおうと思ったが、東電橋が7月の大雨依頼通行止めのまま、仕方がないので見晴小屋経由で向かうことにする。

Photo_1 尾瀬ヶ原の紅葉もなかなかのものである。ここは草紅葉というらしい!

鳩待峠の登り口である山ノ鼻に到着したのは12時過ぎ、昼食を取りながら少し休憩。鳩待のバスの出発は14時過ぎ、鳩待峠までのコースタイムは1時間20分、嫌な登りである、余裕を持って12時20分に出発する。 Img_2732 R0014841 しかし、鳩待峠には余裕で13時10分到着。

鳩待からはシャトルバスで戸倉へ、そこからは旅行会社のバスで新宿へ。

今回、御池から鳩待峠へのコースを歩いたのは自分だけかなと思っていたが、戸倉でバスに乗る予定の2名が出発時間になっても来なくて旅行会社の人が大慌て、遅れて来た人は来たときにバスを降りた付近で見た人であった様な気がする。

写真はクリックして大きくしてみて下さい。(ブログの写真はすべて大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

彼岸花(奈良明日香)

彼岸でお墓参りのついでに奈良の明日香村に寄ってみる。R0014653

明日香村はもうすっかり秋である。

橘寺の前にある田んぼには稲が黄金色に実り、畦には真っ赤な彼岸花が!

聖徳太子はこの地で生まれ、橘寺を建てられたと伝えられている。 ここの往生院は平成9年に再建され、その天井には260点の華の絵画が奉納されおり、見所の一つとなっているらしいが、家内の作品もあるので近くに行かれたときは寄って見て下さい。 R0014553R0014617

蘇我馬子の墓と言われる石舞台の周りは広い公園となっており、ススキや萩が美しく咲いていた?

また、石舞台の近くにはなぜか白い彼岸花が多く咲いている。

R0014589

きっと人工的に植えられたのではないと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

目黒さんま祭

先日、目黒区役所よりさんま5000匹分の魚箱の処理についての相談があった。9月17日に秋刀魚を焼いて無料配布するという区主催のイベントがあるらしい!

先週もさんま祭があった様に思うがとインターネットで調べてみると、目黒区では2つのさんま祭がある。9月10日は駅前で商店街主催で宮古産のさんまを5000匹、17日は区役所近くの田道広場で気仙沼産のさんまを5000匹。 日曜日は台場(海の科学館)へ行ってから、終了近くに寄ってみた。今年はゴミゼロ作戦を展開したのでゴミは少なく感じた、もちろん魚箱はまったく見当たらなかった。R0014510R0014536

18日(月)は敬老の日の振替休日、昼過ぎまで台風の影響で雨。

日暮里付近の谷中界隈を散歩、道灌山や朝倉彫塑館、骨董屋?など見所がいっぱい!谷中寺町は各宗派がいりまざっていて70数件のお寺が集まっている。江戸時代からの歴史のあるお寺も少なくない!

今日の夕焼けは綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

御嶽神社-日の出山

昨夜の天気予報では雨であったが、朝起きてみると晴れている。本当に最近の天気予報はあてにならない! 気温も爽やかそうである、ハイキングかサイクリングに行きたい気分である。自転車は部屋から出して少し整備をしなければならないので邪魔くさいのでハイキングにする。出かけたのは9時過ぎになっていた。 JRにて立川から青梅で乗り換えて御嶽で下車、バスを乗り継いでケーブルカーで山上駅へと一気にのぼる。

山上駅から右の方へ登って行くと、山野草が一杯咲いている。早速、写真を撮ろうとカメラを出して電源をON、一枚写真を撮ったらすぐに電池切れ、予備電池に交換するが、これも充電がされておらず、大失敗である。 

仕方がないので予備のカメラで撮影をすることに、馬鹿チョンカメラ?は接写に弱いので花の写真はピンボケが多くなってしまった。R0014383R0014445

御嶽山は意外に花の多い山である。今回何処でも見られたのがシュウカイドウ、この花は栽培されているものかと思っていたのであるが、野生でいたる処に咲いているのには驚いた。次に多かったのがヤマジノホトトギス、この山のものは茎が短く地に這っているかの様に咲いていた。R0014428R0014407

レンゲショウマ(左写真)はもう咲いていないかと思っていたが数輪咲いていたので、写真に撮ってみた。8月下旬ごろはきっと綺麗だっただろうと思われる。紫色の花も一面に咲いていた、名前は何というのかな!

R0014475R0014453山道から参道に戻っても道端にはゲンノショウコウやトリカブト、タマアジサイなど思っていなかったほどに咲いていた。

御嶽神社の最後の登りは少しきつい登りであった。

R0014481R0014491御嶽神社を参拝してから、道を少し戻って杉林の間の道を40分程歩くと日の出山の山頂へ到着。

日の出山からは1時間あまり下ってつるつる温泉へと。

そこからはバスでJR武蔵五日市へ。

.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

都電 早稲田付近

今週はちょっと夏バテ?せっかくの休日であるが出かける気にはならない!先週の前半は仕事で大阪から福岡、熊本、佐賀などずっ~と移動!仕事でも少しストレスがじわじわと、ちょっと疲れたのかな?

という事で、土曜日は6時前に目は覚めたが出かけたのは昼から!(インターネットで近郊の見所を探したが、行きたいと思うところが見つからなかった)

まずは、自分のホームページをつくって見たいと一年ほど前から思っているが、まともなものが出来ないのでパソコン教室で習ってみようかなと思ってパソコン教室を覗く。受講費用は4万円以上、これはもったいないのでやめ。 次に、良い教材がないか探しにヨドバシカメラへ。書籍とソフト売り場などをうろうろ、昨日に発売になったEOSKissデジタルXなども買おうかなと迷ういながら、帰ろうかなと思って1階に降りるとパソコンの限定安売りに出くわす。最新のCoreDuoを搭載したノートパソコンが8万円、これはメチャ安い、通常価格の半値である、買わなきゃ損と思ってすぐにゲット、息子に送ることにする。

土曜日の夜は「チャングムの誓い」を見てから、他のテレビをなんとなく見ていると、寝るタイミングを逸してしまって、今朝の起床は7時30分。

外は天気が良いが、暑そうなのであまり出かける気がしない! という事で今日も昼食を取ってから出かける。

R0014347 都電に乗って終点の早稲田で下車、電停の周辺案内板で付近の名所を探して見る。

まずは甘和泉公園へと行って見る。ひっそりとしていて訪れる人は少ないが、徳川御三郷のひとつの清水家の下屋敷跡だとのこと。

R0014365 大隈公園はパスして、神田川沿いにある芭蕉庵へ。ここは芭蕉が神田川改修工事監督の時に4年程居住していた所だとのこと、都心とは思えないほど木々草花が植えられてひんやりとしている。その向かいにある永青文庫に寄ってみたが、残念ながら日曜日は休館日であった。

次は、講談社野間記念館へ、R0014366ここは講談社が創業90年事業の一環として設立されたそうで、 近代画家(植村松園、福田平八郎、堂本印象など)の作品5000点程を所蔵されている、とのことである。

ここに着いた時は汗だくで、館内は冷房が効いていて気持ちが良いが冷たくて風邪を引きそうであった。

椿山壮の前を通って、江戸川橋から地下鉄で東京駅へ出てぶらっとしてから帰路へ。

帰ってから椿山壮を検索してみると、この庭園は山縣有朋公の庭園で由緒ある史跡が点在しているとのことで、自由に入ることが出来たとのことであった。近いうちにもう一度、永青文庫と椿山壮には行ってみなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日)

秋が近くなりました

  9月になっても昼間はまだ真夏並みの暑さですが、朝夕は過ごしやすくなってきました。R0014280R0014292

我家の栗も秋らしく、イガがはじけて実が現し出しました。

家庭菜園も秋の準備。

午前中に畑の準備をし、昼からホームセンターへ行って大根などの種をR0014288購入、涼しくなった夕方に種まきをする。

昨年は大根の苗を間引かなかった為に、出来が悪かった。今年もきっと家内はあまり手入れはしてくれないだろう!最初から種の間隔は広めに撒くことに!

さて、12月頃にはどうなっているでしょうか?

.R0014285_1

先日に庭の階段を修理するにセメントを使用したが、砂・水と混ぜるのにバケツしかなかったので苦労をした。ホームセンターへ行ったついでに、セメントを混ぜるための専用のケースを購入、これで作業も楽になる。  と言っても作業はいつになるやら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »