« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

元気祭スーパーよさこい

今年もスーパーよさこいを観に原宿へ、原宿で電車を降りると改札口は大混乱!改札を出るとすぐに表参道でパレード演舞、明治神宮の前ではステージ演舞としている。Img_2162Img_2117  神宮から代々木公園の歩道では十数組が演奏をしていてメチャ賑やか!代々木公園イベント広場では高知の物産展、一日居てても退屈はしない。 今年のよさこいの出演は全国から100組近いチームが集まってきている。若い人たちチームもあれば年配の方々のチームもあるが、多くは幼稚園生ぐらいから70歳近くの人の混成である。一番多いと思われた年齢は5、60歳の女性の様に思う。オバちゃんパワーはすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

八ヶ岳 雨池

今日の東京は浅草サンバカーニバルやスーパーよさこいなど祭りだらけ!一度、浅草サンバカーニバルを観に行きたいなと思いながら、近辺の天気予報を調べてみると八ヶ岳方面が晴れている。  夏山の花も最後、今日を逃すともう見られないかも知れないので八ヶ岳へ行くことにする。朝5時過ぎに出発すれば麦草峠から歩き出すことが出来たのであるが、用具等の準備などで出発は6時半となってしまった。

電車に乗って相模湖付近を過ぎると雨が降って来た。甲府をすぎるとようやく雨は上がり曇り、しかし八ヶ岳などの山々は雲で全く見えず。今日の判断は失敗かなと思いながら茅野でJRを下車。R0014261R0014243

曇っているので行くべきか!とまだ悩みながら1時間ほどバスに乗って蓼科高原のピラタスへ到着。すぐにロープウェイに乗って山の中腹へ、気温は15℃、天候は曇りであるがある程度の視界はある。

まずは腹ごしらえをしてから、雨池に向かって出発、遊歩道を20分程歩くと、そこからは山道、雲行きもあやしくなって来たが、石がごろごろとした道を下って約1時間で到着。Img_1992Img_1989池は人気もなく、雲がかかってすごく幻想的であった。帰りはロープウェイの下まで歩くつもりであったが、ここでゆっくりと過ごすことにする。 処所にリンドウの花が咲き、赤トンボがのんびりと飛んでいる。Img_1996_2

Img_2046帰りは来た道を戻ることに、登りなので少し辛いが、  山麓までは歩かないのでゴセンタチバナの実などの写真を撮りながら、のんびりと戻る。ロープウェイで山麓まで降りて付近を見るとススキなどが咲いて、秋はもうすぐと言う感じでした。

Img_2062 Img_2078 Img_2042

Img_2055_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

夏休み

夏休みは墓参りに京都の実家と家内の実家の八木(奈良)へ行っただけでのんびりした休日になりました。と言いたいのですが、家の用事が一杯、結構忙しい休日でした。

下水づまり

 休日になって2日目の朝、家内が洗濯をしていると、風呂の浴槽からゴボゴボと汚い水が逆流してきている。これは排水管が詰まっているのだなと、排水ブラシで風呂場から掃除をするがなかなか水は流れない、外へ廻って見ると会所(マンホール)の周りから水が染み出ている。蓋を開けてみると排水があふれ出てきた。排水をくみ出し、ブラシで掃除するが改善はせず。すぐにホームセンターへ行って10mの排水掃除用具を買って帰って下水掃除をするが、用具が細すぎるのか全然だめ!またもや、ホームセンターへ行ってプロ用の下水詰まり用具を購入、ストッカーなども移動して廻りのすべての会所(マンホール)から、上から、下から用具で突っついて夜の7時過ぎにようやく開通。その日は無事に風呂やトイレにゆっくりと入ることができました。次の日の朝、洗濯も無事に終了、と思って会所(マンホール)を見てみると再び水が漏れている。再び、昨日の下水詰まり用具を用いて掃除、すぐに開通するが、よく掃除をしておこうとさらに奥に道具を突っ込んだとたんに道具が抜けなくなってしまった。何度も引き抜こうと思うが抜けない!家の図面を引き出して会所の位置を確認するが、あるべきはずの位置に会所がない。どうしようもないので水道工事屋さんを呼んでみると、小さな会所を発見、ようやく道具を抜くことができました。

門扉の修理

 ガレージの門扉がどんどんと壊れて行く、クルマも磨り減って開閉が重くなり、アルミ部品も折れてきている、製造元に部品を頼むが、在庫もなくなりかけている。門扉のクルマの部品値段は1個6千円、全部変えると3万円。ちょっとこの出費は痛いなと!アルミ部品は以前に購入していたものを使用して交換、クルマはホームセンターで部品のみを購入して修理、費用は1万円以下で抑えることが出来ました。

庭の階段修理

 庭の階段は10年前に竹とコンクリートをあわせて造ったが、竹の部分が腐って来て、コンクリート部分も壊れてきた。階段も前の部分は防腐剤を塗った木にしてブロックとセメントで作り直し。造っている途中セメントが足りなくなったり、砂を切らしたり、何度もホームセンターへ通いながら、4段分のみを修理、後、8段ほどは気が向いたときに修理予定。

家庭菜園R0014201

 生垣に巻きついたつる類を取り除き、草抜きをして、秋の種まきの準備、2畝に堆肥を入れて耕しておく。

写真は20年以上に撒いた種から毎年自然に生えて来る朝顔で、小さいが強くたくましく育ってます。

京都銀閣付近へ買い物に、R0014227R0014232ついてでに哲学の小道と法然院へ寄ってみました。

何十年か昔はデートなどでよく歩いたなとなどと、なつかしく思いながら!                     

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

スイカがなくなった

お盆の休日、久しぶりに我が菜園を見に行ったらスイカが消えている。Photo043

一ヶ月前は写真の様に大きく育っていた、お盆の頃には食べごろと楽しみにしていたのに!4個程育っていたスイカがすべてない。

昨年も不思議にスイカが消えていたが、誰かが盗んだのかもしれない。

盗って行った人(動物かもしれないが)、わたしの少しの楽しみを奪わないで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

美瑛・富良野

十勝岳に一度行ってみたいが、山頂までは登山口から往復6時間は必要、旭川を朝5時前に出発しなければ今日中に東京に戻ることは出来ないのであきらめ!

今日は美瑛・富良野方面へ行くことにするR0014088Img_0278_3

朝7時に旭川を出発、一時間も走ると美瑛に、道路の右手にヒマワリが一面に、その隣にはラベンダーやマリーゴールドなど色とりどりの花が咲き誇る「ぜるぶの丘」「亜斗夢の丘」が、入園料は無料である。奥の方に回ると、スカイライのコマーシャルでおなじみのケンとメリーの木が見える。R0014119Img_0340_1

マイルドセブンの丘、新栄の丘(左写真)などを通って、四季彩の丘(左写真)へと、ここの花畑のスケールはすごい、東京ドーム3個分の広さに色々な花が一面に咲いている。ここも入場料は無料(寄付金200円)である。

次は拓真館へ、ここは美瑛町の自然を中心に写真を撮っている写真家の前田真三のフォトギャラリーである。前田真三の写真を見ていると心が落ち着く、すごく好きな写真である。R0014167_1

日差しも強くなって来たので白金温泉を経て望岳台に、ここは十勝岳への登山口であり、山頂までは約3時間でいける。しかし今日は時間がないので向かわず、ここからの十勝岳連邦の眺めは抜群なはずであるが、今日は少し雲がかかって全貌は見えず。

R0014176_1ここから道路を少し戻って、十勝岳温泉の湯元、凌雲閣で美瑛でかいた汗を流す。この露天風呂からの展望は十勝連邦が目前に見えて最高(ちょっと曇っていたが、晴れであれば素晴らしいだろう)!

一風呂浴びてからは富良野へ向かう。

R0014183_1

R0014191上富良野町にある日の出公園ラベンダー園へ、北海道であるの気温が高く暑い、折角来たのだからと丘の上まで登る。汗だく!

最後はラベンダー観光発祥の地であるファーム富田に寄って、千歳空港へ向かう。

空港には18時30分頃に到着、搭乗手続きをするためにチェックイン機にチケットを通すと予約便は運休をなっている、大慌て!しかし、すぐの飛行機に搭乗することが出来一安心! 無事に日曜日の内に帰着することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

大雪山 旭岳

木・金曜日と北海道に出張,札幌にて宿泊。今朝起きてみると、空はどんより曇り、何処へ行こうと考えたが、とりあえずレンタカーを借りて北の方向へ走りだす。ラジオの天気予報を聞きながら!
北海道全土は昼からは晴れ、しかし上川地区はにわか雨との予報。しかし、きっと快晴になるだろうと思い、ハンドルは旭岳へ。R0013941_1
旭岳に近づいて来ると空は晴れて来ました、ロープウェイの乗り場に11時過ぎに到着。早速、ロープウェイで姿見池へ、気温は12℃、下界とは別世界である。

昨年に来た時はガスって視界は殆どなく景色は望めない状態であったが、今日は快晴、旭岳や周りの山々がくっきりと見える。

早速、チングルマの群生地のある裾合平方面へ!Img_0240(昨年はガスで数メートル先が見えない状態でお花畑全体をみる事が出来なかったので再チャレンジ)

途中にはチングルマの穂が一面に!昨年より花は早く咲いているようである。

Img_0238_1

Img_0112

花のピークは少し過ぎた様であるが、エゾノツガザクラやアオノツガザクラ、ミヤマリンドウ、エゾノコザクラなど色とりどりのかれんな花が咲き誇っていた。

Img_0218_1Img_0088_1

周りの山々や山草を見ながら歩いているとアット言う間に裾合平の分岐点へ到着。

ここから20分程歩いた中岳方面へ向かう途中がチングルマの花で真っ白になる群生地であるのだが、今回は残念ながら花は既に咲いた後、しかし、景色は素晴らしい!こんな景色だったのだな~と!Img_0184_1R0013975_1

訪れる人は殆どなく、今日は旭川市内での泊まりなので、ここでゆっくりと景色を満喫しました!

再び同じ道を戻って、帰路へ。

旭川には夕方の6時過ぎに到着、旭川祭りの真っ最中であった。R0014058_1

ホテルに荷物を置いて、祭りを見に街中へ!ヨサコイ、神輿、梯子昇り、パレードなど町中がお祭り一色!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »