« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

尾瀬

新宿を22時に出発、戸倉には3時40分に到着(いつもの通り夜行バスでは寝ることは出来なかったが)、乗り継ぎの始発バスは4時40分発、その間はバス停でお腹もすいたので早い朝食を取りながら立ってバスを待つ。Img_1639

鳩待峠を5時半に出発、尾瀬ヶ原の入り口である山の鼻には6時過ぎには到着、ここからが尾瀬湿原の始まりである。

今日はいつもとコースを変えて東電小屋の方を通って行こうと思っていたが、ここ数日の雨のため通行止め、仕方がないのでいつもの通り竜宮小屋へまっすぐ木道を進むことにする。

Img_1726

天候は曇り、気温はかなり低い、長袖のシャツで歩いて丁度ぐらいである。

ニッコウキスゲはもう終わりかけであるが、ワタスゲが一面に咲いている?シランや姫シャクナゲなども咲いている。

山草をカメラで撮ろうと思ったが、花が小さすぎるのかピントが後ろの雑草にあって花になかなか合わない。(カメラの性能が良くない為だと思う)Img_1772Img_1798

竜宮小屋近くに来るとオレンジのクルマユリが綺麗に咲いていた。

竜宮小屋を過ぎると左写真の様に天気は晴れてくる。

気分は爽快、少し時間はかかったが9時15分には尾瀬沼への入り口?となる見晴小屋へ到着。朝食を取ってから既に5時間、再びお腹が空いたので2回目の朝食を取って再出発。Img_1822_1Img_1827

ここからは尾瀬沼までは緩い登りとなるが木道がしっかりしているので楽な登りである。

1時間あまり歩くと白砂峠に到着、峠を越えた所に真っ白なギンリョウソウ(銀竜草)やマイズルソウ(舞鶴草)が咲いていた。 ここを抜けると広い平原へと出る。

Img_1878Img_1887平原をしばらく行くと尾瀬沼の見える沼尻に出る、ここからは尾瀬沼を横に見ながら大江湿原に向かう。ゴゼンタチバナはもう終わりかなと思っていたら、あちこちに綺麗に咲いていた。

12時頃にようやく大江湿原に到着、ここから一面が真黄色に覆われているのを想像していたが、少し緑が目立つ、昨年よりニッコウキスゲの花の付きは少ない感じである。Img_1904R0013835_1

しかし、黄色の花の大群生は沼山峠方面にかけて1km以上広がっている、その中を散策してから、長蔵小屋を通って三平下で昼食休憩。

ここを13時45分発、三平峠まで登って後は下り、昨年はこの下りで足を踏み外したので慎重に降る。しかし、前に歩いている集団を追い越したとたんに、またもや木道から足を踏みはずして転倒。本当に気をつけなければ!R0013864

山を降りた一瀬休憩所には14時40分着、 ここの茶店でいつものラムネを飲んで一息! バス亭までは4kmぐらい、あと少しである。15時30分ようやく大清水に到着しました。

近くの茶店で一風呂汗を流して、さっぱりしてから大清水の湧き水で喉をうるおす!

しかし、この水が悪かったのか、バスが新宿に着いた時は下痢、何度もトイレに駆けつけながら22時30分にようやく帰着。でも、帰ってからはやはりビール!

今日は約5万歩も歩いてしまいました、昨日と合わすと7.2万歩となって、最近の歩行歩数としては最高のレベル!

追記:

翌日(月曜日)はちょっと足に疲れが久しぶりに残ったようである、しかし夜は宇都宮で飲み会、帰宅は23時を過ぎてしまった。

明日は会議が3つもある、今から資料作り、ちょっと疲れます。

翌々日の1日(火)は朝10時から会議が始まるので、資料を準備するために8時前に出勤、夕方の5時過ぎまで昼休みもなく会議、疲れました!

 疲れた後は近くのお寿司屋へ行って暑気払い(あまり暑くはなかったが!)。 メンバーは10人弱、筑波から駆けつけてくれた人もいました。生ビールで乾杯後は焼酎、ちょっとづつ注文をするのは面倒なのでボトルで、一升瓶の佐藤黒と吉兆宝山をゲット、皆さんロックで、この焼酎はなかなか旨い。この2本の焼酎もすぐに空いてしまう。後はグラスで、不二才・酷(ぶにせ・はい)、これは限定300本のプレミア商品、ちょっと手に入らないものである、アルコール分は30%であるがまろやかでこくがあって芋の香りも良くお勧めものである。芋ではないが安くて旨い天山戸隠(そば焼酎)など。皆さん満足して頂いた飲み会でした。ちょっと飲みすぎたかな! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

蓮の花

  Img_0062 Img_0069 ようやく梅雨もあけかけてきましたね、昨日の天気予報では尾瀬の天気はあまりよくありませんでしたので尾瀬行きは諦め!

雨は降りそうにないので上野公園の蓮を見に行きました。まだ、つぼみが多くこれから咲くところと言ったところか!昨年よりも2週間ほど遅く感じます。

上野公園、秋葉原界わいを散歩するとやはり今日は暑かった。Img_0040Img_0049

帰って、尾瀬の天気を再びみて見ると明日は晴れに変わっている。今夜のバスで今から行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

日本丸メモリアルパーク

横浜みなとみらい21にある日本丸メモリアルパークへと、唯川明日香さんが撮影会のモデル名にあったので参加する。

Simg_1550今回のモデルさんは準ミス日本の2名を含めて10名。Simg_0666_1

撮影時間は11時から15時までの暑い最中であったが、今日の天気は曇りのためあまり暑くもなく、比較的撮影しやすい一日でした。Simg_0542

左は準ミス日本の橋本麗奈さん。

(福島大学の学生さん)

Simg_0606Simg_0577Simg_1577_1Simg_0621.はなえさん、内海久美子さん、谷更沙さん、

唯川明日香さん、谷更沙さんのツーショット。

撮影会終了後は日本丸を見学してまっすく帰路へと!

.近くの駅に着くと、何かすごく賑やかである。Simg_1620

よさこいのかっこをした人が一杯、今日はお祭りで、昼からずーとよさこいがあったらしい。

日本国中がよさこいばやりになって来たようですね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

秩父美の山2

昨夜はYさんと飲みに行って一緒に帰宅したのは2時過ぎになったので起床は7時頃になってしまった。(今日晴れる予定だったら昨夜から尾瀬に行こうと思っていたのだか)

Simg_1501 起きて天気予報を見てみると、群馬県北部の天気は晴れになっていた、残念!

今日は5月に出かけた時、集中豪雨にあって景色が全く見ることが出来なかった秩父の美の山へ出かけることに!

出発は10時過ぎになってしまって、秩父鉄道の皆野駅に着いたSimg_1525時は13時頃、今回も雲行きが怪しい!

山麓に到着してハイキング道に入ろうとしたが、近日の雨で道が荒れている、安全をみて自動車道を行くことにする。1時間余りでいこいの村へ到着、頂上まではあと少しと思ったがなんぼ歩いても頂上には着かない、頂上へは2時間以上もかかって3時過ぎにようやく到着。Simg_1528

頂上は小雨で霧がかかってしまって景色はあまり望めない、しかし、紫陽花は丁度見頃を迎えていた、東京などより一ヶ月遅い。

帰りは、自動車道を歩くと時間がかかってしまうので前回に来た登山道を戻ることにする。

Simg_1538

蓑神社の横を通って一騎に駆け下りると駅までは1時間もかからず、道も少しぬかるんでいるだけで意外としっかりとしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

草ぼうぼう!

我が家の家庭菜園は草だらけPhoto052Photo069

休日は早朝から草抜き、そして3月に植え付けたジャガイモの堀り上げ、

ジャガイモの収穫は小粒だが良好である。

他の作物の成長状態を見てみると、 トマR0013514R0013518ト、とうがらし、ニガウリ、なども順調に育っている!スイカも大きくなり始めた、今年はスイカが無くならない様に気をつけなくては!

花はアジサイがまだ咲いている花のつきもまあまあである。Photo054_1

Sr0013712

この2日間の草抜きで家庭菜園や庭も少しはすっきりとする。

庭や通路には除草剤(安全なるもの)を撒いて仕上げ。

☆追加☆

これで一ヶ月ぐらいは草抜きをしなくてい良いかなと思っていたら、その後はずっと雨である。すぐに草だらけになりそう!

お盆休みはまた草抜きをしなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

祇園祭

朝から家庭菜園の草抜きやジャガイモの収穫をしていたが、昼になると暑くてやってられない。テレビを見ていると祇園祭の様子が映っている。そうだ、久しぶりに祇園祭に行ってみようと出かける。

カンコ鉾地下鉄四条駅で下車、産業会館のところから地上に出るとすぐ目の前に函谷鉾が現われ、コンチキチンと祇園囃子が賑やかに聞こえてくる。

山と鉾は全部で32基あるが、四条烏丸付近に集中している。今日は宵々山であるが既に人で一杯、浴衣を着た外人さんも多く、山鉾や露店を楽しんでいる。船鉾放下鉾

動く美術品と言われる山鉾であるが、船の形をした船鉾も面白い!と思っていたら急に激しい雨が降り出し、露店もビニールで覆うのに大忙し!

.

美術品

美術品2

各山鉾町の旧家では家宝である屏風などを一般公開されている。殆どが江戸時代のものだと思われるが有名な狩野常信の絵や左甚五郎の彫刻なども無防備?に公開されている。鉾などを見るのも良いが、これらをみるのも楽しい!長刀鉾

祇園祭夕方の7時過ぎにはようやく雨も上がり、山鉾のちょうちんにも灯がともって、さらに美しく、祇園囃子もさらに勢いを増して賑やかになって来た。

しかし、今日の人出は雨の影響で昨年より10万人少ない19万人だったとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

霧降高原

いつも土日の夜にココログに投稿しようと思うが、ココログの動きが悪くてなかなか投稿することが出来ない。昨夜はココログのページさえ開くことが出来なかった。

週末は土曜日は霧降高原へ、やはり霧であまり良く見えなかったがニッコウキスゲは山一面に満開でした。Img_0834Img_0940

日曜日は油壺海岸にて撮影会、雨との天気予報であったが、殆ど降らず。

詳細は改めてアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

霧降高原

そろそろニッコウキスゲが綺麗な頃だと思う、昨年は7月2日に霧降高原に行って満開であった。

今週を逃すと今年は見られないかもしれないと思い、天候はあまり良くないが日光へ行くことにする。

Img_0834_1

Img_0837

東武日光駅には9時過ぎに到着したが、霧降高原行きのバスは10時前までない、駅周辺の土産屋を覗きながら時間を過ごす。バスに乗るとすぐに激しい雨、すぐにレインコートとオーバーズボンを用意したが、バスを降りるときには雨は止んでいた。

Img_0898Img_0918しかし、すぐにでも雨は降って来そうな感じである。山道も雨で悪そうなので山頂までリフトで往復することにする。やはり霧降高原の名前の通り、今日は霧であまり視界は良くない、リフトを3本乗りついで一番上まで行ったが、視界は殆どなし、雨も再び降り出す、残念だけど仕方がない。でもニッコウキスゲは見頃である。山一面の花が見られなく残念だけど!今年はこれで終わり!

Img_0973すぐに日光駅まで戻り、車中からいつも気になっている上今市付近の景色を見るため東武上今市で下車。

駅の側には「杉並木公園」があり、紫陽花が見頃である。世界一長い並木と平行してある公園内には大小14基の水車や江戸時代の民家があり、のImg_1019んびりと杉の香りを楽しみながら散策できる。Img_0996

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

よみうりランド

今日も昨日以上に天気は悪そうであるが、よみうりランドで開催されるヨドバシカメラの撮影会へ。普通の撮影会は雨天であれば中止になるが、雨天決行となっているので屋内での撮影もあるかなと期待しながら参加する。

カメラ店の撮影会だけあって、内容は充実したものである。撮影指導は著名なる写真家10名(実際には殆ど撮影指導はなかったが!)モデルさんも20名、参加粗品も36枚撮りフィルム3本(デジカメ用はプリント用紙であったが、たまにはフィルムカメラを使ってあげなくてはとフィルムカメラ用をゲット)プールでの草履など、参加費3千円は安い。Img_0640Img_0583Img_0018

      

Img_0364Img_0538Img_0678Img_0478

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

紫陽花3(本土寺-浄慶寺)

そろそろ都内の紫陽花は終わりではないかと思いつつ、今日は雨が降っていなかったので本土寺へと。ここは3週間前に花菖蒲を見に訪れたが、紫陽花は少し早めだったので再度訪れることに!Img_0230Img_0239_1

訪れてみると、やはりピークは少し過ぎた頃か、少し元気のない花も目立ち始めていました。  このお寺はもみじも多く、次は紅葉の秋ですね!

本土寺を訪れた時は午前中だったので、今日はまだまだ時間があるので、川崎の浄慶寺へ行ってみることにする。

新宿から小田急柿生駅にて下車、今日は雨は大丈夫かなと思っていたが残念ながら傘をさすことに!駅からお寺までは道案内標識は何もないの少し判り難いと思われるが約10分ほどで到着。Img_0278Img_0316

  このお寺は1582年創建の浄土宗のお寺であるが、境内のあちこちにある羅漢が面白い、携帯を持ったものやウォークマンを聞いている羅漢がいる。数百年後には歴史を表した石仏として有名になっているかも!

Img_0301Img_0291あじさいはもう終わりだろうとあまり期待せずに行ったが、花は見頃、雨の中美しく咲いておりました。

お寺の裏山はあじさいの群生地で約3000株の色とりどりのあじさいが植えられていますが、訪れる人も少なくちょっと勿体ない感じがしました。Img_0338

.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »