« 同窓会 | トップページ | 花菖蒲2(水元公園) »

2006年6月10日 (土)

花菖蒲(皇居-本土寺)

        先日に買ったデジカメを持って今が見頃である花菖蒲の写真を撮りに出かける。カメラの使い勝手を比較するためにコンパクトデジカメ(リコーCaplioR3)と一眼デジカメ(キャノン10D)も携行する。

東京で花菖蒲が綺麗なところと言えば、皇居、明治神宮、本土寺、堀切菖蒲園、水元公園など、これらのところは毎年見に行くことにしている。

R0013294Img_0045今日はサツキと花菖蒲のバランスが絶妙な皇居から訪れることとした。

いつもの通り三の丸尚蔵館へ立ち寄ってから二の丸庭園へと!今日の展示は中国の元から明時代の花鳥図と伊藤若冲の動植綵絵、若冲の絵画はいつ見てもすばらしい。Img_0076

二の丸庭園の菖蒲は満開、訪れる人みんなが綺麗と声に出して感激している様であった。サツキは少し盛りを過ぎた様であるが全体的には今が一番美しいのではないだろうか?

池の周辺に咲いているミズキンバイには蝶が蜜を吸っている、PowerShotの望遠でパチリと、なかなか写りは良さそう!

S 次のホタルノフクロを撮り比べて見た。写りは左の写真の通り、どれが良いかは好みによるだろうが、10D>PowerShot>Caplioの順が好みである。

皇居を後にして、上野から常磐線北小金駅下車、本土寺へと。Img_0165

本土寺は紫陽花で有名であるが、紫陽花は少し早い様である。

しかし、花菖蒲は満開でちょうど見頃、すばらしい!

上の写真はPowerShotで撮影。

Img_0149

Img_0145

Img_0140花のアップの写真は10Dにて撮影。

今回購入したPowerShotにて撮影した感想は、ファインダーがデジタルファインダーであるために大変見難く、被写体が確認し難い。しかし、10Dよりも軽量(約1/3)で持ち運びが楽、手ブレ防止機能付きなので望遠でもブレ難い、乾電池式なのでバッテリ切れでも安心。

でもデジタル1眼はやっぱり重くても一番撮りやすいですね!

コンパクトデジタルのCaplioも28mmからの7.1倍ズームで手ブレ防止機能付きでとても使い易いです。 結局、この3台のデジタルカメラはなかなか手放せない!

|

« 同窓会 | トップページ | 花菖蒲2(水元公園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121609/10485355

この記事へのトラックバック一覧です: 花菖蒲(皇居-本土寺):

« 同窓会 | トップページ | 花菖蒲2(水元公園) »