« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

広島帝釈峡

広島帝釈峡

中国自動車道を通って東城ICから帝釈峡へ、渓流と新緑がとても美しい、花も一輪草や二輪草、すみれ、山吹など一杯、白と黄の紫と秔!
続きは帰ってからアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

館林つつじヶ岡

  100_2053_1  今日は臨海海浜公園への予定であったが、東京地方は雨の予報であった為に群馬・栃木方面へ行くとに!

   JR久喜で東武に乗り換えて館林で下車、つつじヶ岡までは歩いて30分程なので歩いて行く事に(臨時シャトルバスも出ている)

館林城跡やこいのぼりの里祭りの開催されている川沿いを通ってつつじヶ岡へ、入り口付近はハナミズキや菖蒲などが満開。100_2072_1100_2080_1

入園料500円を払って園内に入るとツツジはまだまだ、全体としては1分咲き程度、例年よりかなり遅い、大変残念!

園内はあまり見るところが無いので、すぐに出て、市内の見所を探す。100_2095_2

田舎教師で有名な田山花袋記念文学館、旧上毛モスリン事務所には皇后陛下の祖父が乗った馬車などが展示してあった。 いろいろと見学している内に茂林寺近くに芝桜が満開になっている所を発見、すぐにそこへ行く事に!

.

100_2097_1再び館林駅に戻って一駅戻って茂林寺駅で下車、ぶんぶく茶釜で有名な茂林寺に寄って

湿原を通り抜けて野鳥の森フラワーガーデンへと(ここは今年4月にオープンしたところ、昨年まではこの付近は訪れる人も殆どいなかったが、結構賑わっていた)

100_2153_3100_2171_1芝桜は満開で見頃を迎えたところであった、北のほうの青い庭も青い芝桜を中心に色々な青い花が咲き誇っていました。

 今日はつつじヶ岡で気分は落ち込み、フラワーガーデンで少し回復と言うところかな? 万歩計は2.5万歩、エネルギーは700kcal消費、夜はそれ以上にエネルギーを補給しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

奥多摩むかしみち

朝目覚めると外は快晴、先ずは洗物を洗濯機に突っ込んでから、昨日の酔いを醒ますために風呂へ、そして朝食を取りながら本日の行き先を決める。今年はあまり歩いてないので100_1990100_1920s少し歩ける所をと奥多摩湖方面へ行くことにした。

奥多摩駅からすぐにバスで奥多摩湖へ向かう。バスを降りてすぐに湖畔にある「水と緑のふれあい館」に立ち寄ってみるとミニコンサートを行っていた。

100_1967100_1973しばらくマリンバの木のぬくもりのある音色を楽しんでから見晴らしの丘へ軽ハイキング。100_2024s.                         

100_2018100_2043_1下の方の桜は散りかけであるが、上の方はまだまだ健在、ヤマブキやユキヤナギなども満開である。青く澄んだ湖を眺めながら昼食を取ってから、むかし道へと。

この道はむかしの青梅街道で、山腹と多摩川沿いを歩く約10kmの道である。多くは舗装された道であるが、途中に小河内ダム建設のために作った鉄道のトンネルや多摩川に架かったいくつかのつり橋がある。新緑とともに楽しく歩ける道でした。

今日は久しぶりに万歩計が3万歩を越えることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

高尾山-小仏峠

100_1879昨年より少し太り気味、食べるものが何でもおいしく感じるのでつい食べ過ぎてしまう! 食べるのを我慢するのは生甲斐が無くなってしまう、ビールもお酒も少しは飲みたい。休日には出来る限り歩いてエネルギーを消費しようと思っているのだか、最近は最低目標の2万歩以上を歩き日が少なくなってしまっている(今年は2万歩を越えたのは僅か9日、平均は1万6千歩である)。

今日の天気は午前中は小雨、昼からは曇りとの予報。 でもちょっとはエネルギーを消費する歩きをしなければと思い、奥高尾従走路の一部へ行くことにする。

いつも通り、新宿から京王線で高尾山口で下車、小雨なのでロー100_1827プウェイにて高尾山口へ。今日は薬王院のお祭りらしい、四天王門をくぐると、祭りの衣装をしてはしごを持っでいる、江戸時代の火消しのような格好である。飯縄権現堂の前では珍しい獅子舞踊り、見たことのない不思議な格好の人達もいる。

昼前には頂上に到着、大きな山桜の木が迎えてくれる、少し雨が降ったり止んだりであるが、ここで昼食。100_0079100_0026

食事を食べ終えた頃には空は明るくなり晴れ間が見えてきた、奥高尾従走路へと向かうと空は晴天である。最初は下り、次に少し登って下ると一面が山桜で真っ白、満開、所々にピンク色のミツバツツジが咲き誇っている、100_1897100_1887 桜は一丁平の手前から城山の近くまで数キロ続いていた。ゆっくりと歩きながらの景色は最高、やはり春山は快適。城山には2時半ごろに到着、相模湖に下ろうかと思っていたが、昨年夏と同じ道じゃつまらないので小仏峠から下山する。

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

岩根山つつじ園

       昨年は岩根山つつじ園に行った時は既に三つ葉つつじの見頃は既に過ぎてしまっていた。今年は絶対に見頃の時期に行くぞ-と! 昨年よりも一週間早く行くことにした。101_0137_1

東武にて寄居まで行き、秩父鉄道に乗り換えるの多くの行楽客でごった返していた。野上駅で下車、つつじ園までは1時間余りの道であるが、道端にはすみれややまぶきの花、さくらなどが満開、あっという間につつじ園の入り口に到着。

.100_1629_1

入り口で500円の入園料(つつじの季節だけ徴収:入園料が高いと文句を言っている人が多かったが・・・・、つつじを維持管理するには必要、この眺めを楽しめるにはすごく安いと思われる)、急坂を登ってつつじの群生へと、つつじのトンネルをくぐりながら頂上へと!

.100_1710_1100_1687頂上付近はさくらも丁度満開、他の花も満開、すべての花が一斉に咲き誇っていて、その眺めは言葉で表現できないほどの素晴らしい景色である。極楽の感じ、何時間眺めていても飽きない。

.

100_1719100_1742ゆっくりとつつじ園で時間を過ごしたが、まだまだ時間があるので、帰りは野上駅近くの法善寺のしだれ桜を観た後、桜吹雪の桜並木の間を長瀞まで歩く! まだ下界で桜を観る事ができました。

今日はなかなか良い一日でした!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 9日 (日)

鳥取

土曜日朝から子供の引越しで車に荷物を積んで出発しようと思ったら、エンジンがかからない、そうだバッテリーが上がっていたのである。家内の車のバッテリーで始動をしてスタート。福知山付近でコンビ二に立ち寄り、車を動かそうとしたら、始動できない、近くの車のバッテリーを借りて再スタート、イエローハットに寄ってバッテリー交換。これで一安心!

八鹿町付近を過ぎると道の両脇には雪が積もっている、4月に雪があるとは今年は異常気象なのか?空も黄砂でぼんやりとしている。 家を出発して約6時間で一昨日に見つけた住宅に到着、荷物を降ろしてから遅い昼食を取る。

100_1505s_2

100_1506s_2 昼食後に、母の育った実家へ数十年ぶりに行ってみる。家の周りは昔 と随分変わってしまっていた。  しかし、 家に入ると昔のまま、テレビも、他の家具も置いてある位置まで40年以上前から同じである。 写真の槍なども200年以上前から変わっていないと思われる。(市内では200年以上前の屋敷は2,3軒しか残っていないそうである)

夕方から洗濯機、冷蔵庫、自転車などとりあえずの必需品を買出しに家電ショップ、スーパー、ホームセンターなどを駆け巡る! 夕食を済ますことが出来たのは12時を過ぎてしまっていた。100_1545100_1516_1

日曜日は早朝に起きて、近くの久松公園(鳥取城跡)へ、丁度さくらは満開で美しく咲き誇っていた。「日本さくら名所100選」に選ばれているだけのことはある。

100_1559_1

100_1563_1.乾燥地研究センター、砂丘を通って帰路へと、帰り道は意外と空いている。

京都丹波道に入った途端にのろのろと走る車が1台前に、道が2車線になったので 一斉に追越し車線へと、追越し後すぐに走行車線に戻ると、後ろに走っていた車の屋根の上に赤色灯がチカチカと!前に走っていた車が捕まってしまった。ヤバカッタ!100_1567

  京都市内は桜が満開、車も大混雑!市内は避けて、西山付近を通りことにする、長岡天神の池の周りの桜も満開、ちょっと寄って見る。

自宅に戻って車を見ると黄砂まみれ、すぐに洗車! 家庭菜園へ行ってみると風でマルチが捲りあがってしまい、ビニルハウスもちょっと壊れかけ!応急修理をする。100_1611_1100_1597

庭のしだれ桜や裏のやまつつじはこれからと言うところか! 

我家は寒い!

今日は京都府知事選、もちろん投票へ行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

両毛線

    101_0190_2 100_1349                             

今日は佐野のかたくりの里へと、小山から両毛線で約30分で佐野駅に到着、かたくりの里へは無料のシャトルバスで15分。駐車場から歩いて万葉自然公園へ、少し山へ入ると山の斜面は紫一色、かたくりが群生している。しかし、ちょっと盛りは過ぎたみたい! Sさんが行った、先週が最高の見頃だったみたい!

102_0221_1100_1402せっかく普段行かない両毛線に乗ったのだから足利市へと、JR駅から歩いて10分のところにある足利学校と鑁阿寺に行く。鑁阿寺のお堀の桜は丁度見頃であったが、枝垂れはまだ2分咲き程度、訪れる人も少なくゆっくりとできる。

桐生と言う名前はなにか魅力的な名前なので桐生駅で下車してみたが、何も見所は無かった、残念! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

身延山久遠寺

100_1230_1  今日は佐野のかたくりの里へ行こうかと思ったが、明日は天気が下り坂とのこと。ゆえの今日は東の方向に桜を見に行くことにした。

中央線を甲府駅で乗り換えて身延線の身延駅で下車、バスで約20分(いつもは久遠寺まで1時間あまり歩くのだがゆっくりと桜を見たいのでバスに乗る)で身延山久遠寺に到着。

バスを降りると凄い人出、参道の両脇に並んだ土産屋を通り抜けると、山門の左横のピンク色の枝垂桜が満開!100_1240100_1268

  高さ104メートル、287段の石段を登り詰めると本堂に到着する。 祖師堂の前に咲いている樹齢400年の見事な枝垂れ桜が迎えてくれる、本当に凄い綺麗! その隣の仏殿前の枝垂桜も立派!

100_1298

100_1310

境内の枝垂れを十分に堪能してから、東側の道を山門まで下る。

その途中は枝垂れ桜の群生と言って良いのか、その美しさは言葉にならないくらいであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »