« 伊香保温泉 | トップページ | かたくり »

2006年3月19日 (日)

吉野梅郷

朝起きてみるともう時間は8時前、外は雨が降っていない、すぐに洗濯をしながら朝食を取ってから、2週間前に行って見ようと思っていた吉野梅郷へ行くことに、出発は既に10時を過ぎてしまっていた。100_0818

JR青梅線の日向和田駅で下車、駅を降りるとすぐに歩道に梅の並木が続き、所々に屋台が出ている。15分も歩くと梅の公園へ到着、入場料は200円、紅白の梅が出迎えてくれる、東口の梅は満開、ほんのりと甘い香りが漂っている。

s-100_0050 サンシュウも真黄色に咲き誇っていて、梅の紅白とあいまって公園全体が華やかに色づいていた。

ゆったりと公園で時間を過ごしてから、梅街道を通って、大聖院の親木の梅(青梅の梅の基となった木)をみてから

100_0868

「宮本武蔵」や「新平家物語」などの著者で有名な吉川英治記念館へ。

ここの庭も紅白の梅が満開であったが、片栗の花やスミレ、みつまたの花など春の花が既に咲き始めていた。もう春の花の季節になっていたのである。これから6月頃までの野山は各種の花で染まる美しい時期です。

100_0859 帰りは二俣尾駅まで歩くが、春嵐と言うか凄い風、武蔵野線も運転見合わせでSTOP、仕方無しに新宿経由にて帰宅。

|

« 伊香保温泉 | トップページ | かたくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121609/9165589

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野梅郷:

« 伊香保温泉 | トップページ | かたくり »