« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月18日 (日)

横浜三渓園・山手西洋館

昨日まで3日間、エコプロダクツ2005に出展、ずっと説明員として参加する。イベント会社の担当者が経験不足のため昨夜は後片付けまで付き合い、本日は多少疲れ気味の感があった。

しかし、朝起きてみると外は快晴!そうだ、富士山を見に行こうかなと屋上に上って富士山を見てみると8合目より上の方は雲がかかっている。これでは近くに行ってもきっと雲かがかかって山頂の雪景色は見えないだろうと、行き先は近場に変更。

100_0002外へ出ると、冷たい風がかなり強く吹き付けてくる、横浜方面であれば風も少ないだろうと、横浜の三渓園へ足を向ける。

三渓園は美術愛好家で知られている原三渓が明治後半に造った庭園で日本各地から重要文化財級の建物や仏像、美術品を集めて造ったもので、見ものである。また、庭園は四季を通じて各種の100_0028花が咲き、何時訪れても綺麗なところである。

自宅のある京都加茂からも重要文化財である燈明寺本堂・三重塔などが移築されている。

紅葉もまだ残っており、イチョウの落ち葉とのコントラストも美しい。

100_0011100_0097100_0065

.

.

.

100_0051101_0148 三渓園を堪能した後は山下埠頭へ、すごい数のユリカモメが訪問者の持っている餌に群がっている。

姿は優しく華麗なユリカモメであるが、実はすごく激しい気性の鳥である。

100_0070

山下公園からはフランス山、元町公園、山手教会を通って山手イタリア山庭園へ。

この付近は大正・昭和初期の西洋館がすべて無料で当時の中の様子を見学できるのである。横浜市はすごく太っ腹である。

.

100_0080 100_0084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

最後の紅葉(東京2)

今日は、今年最後の紅葉と言う事で近場のお気に入りスポットへと出かける。

天候は曇り、撮影条件としては良好とは言えない。しかし、昨日に取り残したフィルムを撮ってしまおう!

実は、このフイルムは「フジクロームASTIA100Fプロフェッショナル」と言ってポートレート用でASA感度も100。風景や曇天には全く不向きはフィルムなのである。

まずは、京浜東北線・東十条駅で下車、名主の滝へ向かう。100_0022

ここは江戸時代の庭で、現在は北区立公園となっているのである。

瓦葺の門をくぐるとすぐに池の側のイチョウの黄色ともみじの紅葉が出迎えてくれる、訪れている人は殆どなし。

(ここは、春も桜がとても美しいがその時期でもあまり訪問者がない、本当にゆっくりとくつろげる。)

100_0048どこかの絵画教室の人達が先生と数人、一生懸命に美しい紅葉した庭園を描いている。  絵画教室の生徒は殆ど60歳以上の人では思われる、先生は30代の好青年、丁寧に指導をしていたのがすごく印象的であった。

ここでメチャゆっくりと暮れ行く秋?を堪能!

100_0067 もっとゆっくりとしたいなと思いつつ、南へ約10分程歩いて、音無親水公園へと。

ここは予想通り落葉した木ばかり、でも春の桜は綺麗!

しかし、滝の近くに残っていた紅葉をワンショット!

100_0098 次は、すぐ隣の飛鳥山公園へと向かう。

公園の北は桜なので既に紅葉は終了、南方面の渋沢庭園へと

入り口のハゼの紅葉も美しいがもみじも紅葉真っ盛り。

101_0123晩香慮の周辺のもみじも最後美しさを訴えている。

この後、二の丸・新宿御苑などへ行こうかと思っていたが時間が無くなってしまったので滝野川公園を通って古川庭園へ向かう。

予想通り、滝野川公園のイチョウ並木の黄葉は美しい!100_0103

次は近くの旧古川庭園へと、ここも昨年よりも綺麗な紅葉である。

100_0123 しかし、残念ながら写真を撮るための光量は全く不足、ASA感度を1600にしてもシャッター速度は1/30以下。ちゃんと写真が取れているかな?

リバーサルフィルムは明日に写真屋さんに出して見よう、ちゃんと撮れているかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

最後の紅葉(東京1)

日本で一番遅く紅葉する所は東京ではないかと、インターネットなどで紅葉情報を検索してみる、やっぱり東京である。と言う事で今週末は最後の紅葉を見に都内の出かけることにした。

最近はデジカメばかりで半年以上フィルムを入れたまま使ってないカメラ、ストロボ、三脚、交換レンズ一式もお供である。 また、先週に買った発売したての28-200mmのバカチョンデジカメも一緒!

327_2752 最初に訪問したのは、毎年訪れている国分寺の殿ヶ谷庭園

9時過ぎに訪れた為か殆ど人影はなし、ゆっくりと庭園を散歩。

今年の紅葉は例年よりも少し赤色が少ない様な感じである。

327_2772 次に行ったのは井の頭公園、JR吉祥寺から歩いて約15分ぐらいで到着、いつもは春先に訪れるので紅葉の様子を一度見てみたいと行ってみた。

紅葉は意外と少ないが、所々にあるもみじが綺麗に色づいている

若者から熟年のカップル達が日なたぼっこをしながらゆったりとくつろいでいる、時計の針が止まったと言う感じであった。

328_2810 次は行ったことの無いところに行ってみようと、京王西永福駅にて下車、和田堀公園へ向かう。

公園の入り口にある大宮八幡宮に着くと、露店がずらりと・・・、人も一杯。今日は世田谷サミットという事で花笠踊りや色んなイベントをやっている。おでん・芋煮・日本酒などが無料で提供されていて、ずらっと人が並んでいる、並ぼうかと思ったが時間がかかりそう、から揚げ串とスペアリブを50円でゲット、なかなか旨かったですよ! 花笠音頭などを見た後に和田堀公園へ行くが紅葉はあまりなし、京王永福町駅まで戻り、永山駅へ向かう。

328_2842 永山駅で下車、さてどこへ行くつもりだったのかなと駅にある付近地図を見に行く、そうだ桜ヶ丘公園へ行く予定だったのだと思い出した。 携帯ナビの道案内にて約30分程で現地到着。

公園付近に到着した時には道沿いの小さな公園だな!との印象であったが、公園事務所まで行って案内板を見てみると大きな公園である、紅葉もなかなかであった。しかし時間は16時前後、もう日暮れである、写真を撮るにしても光量不足、残念。 帰路は歩いて戻るつもりであったが、あたりは既に暗くなりかけ、仕方無しにバスにて聖跡桜ヶ丘駅へと向かう。 京王にて新宿に到着するといつもの通りビックカメラへと、そこで来年のカレンダーをゲット、このカレンダーは日本地図上に12ヶ月の暦が印刷されているもの、なかなか便利なもので私のお気に入り!

今日は残念ながらフィルムカメラは半分しか撮る事が出来ず、三脚も交換レンズ、ストロボも活躍せず、明日の活躍を期待!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 4日 (日)

雪の高尾山

今日は天気も良くない、しかし東京の紅葉は見頃を迎えている頃ではないか?

100_0043 高尾山へは何度も行ったことがあるが、紅葉の盛りの時には行った事がないので出かけてみることにする。朝はゆっくりと出かけたので高尾山口には12時過ぎに到着、天候が崩れない内に山頂へ行こうとケーブルカーに乗る、最初はもう枯れかけたもみじであったが不思議に上に行くにつれてケーブルカーの両側は紅葉が迫ってくる。 ケーブルカーを降りると雪がちらほら、薬王院に着いた時には本降りとなり、周りはほんのり白くなっている。

.

327_2703さらに歩いて頂に着くと完全に冬景色、 雪を被ったマユミの実がかわいい!

.

.

327_2701

紅葉と雪という風景を見ること珍しいのではないかと、思わずシャッターを切る。

.

.

327_2716 帰ろうと思って周りを見てみるとあたりは冬山になってしまっていた。

  帰りは稲荷山コースか6号路を下山しようと思っていたが、今日は靴がタウンシューズ、ケーブルカーの山麓駅まで戻り、一番歩きやすい?

1号路を通って下山、16時10分発の京王にて帰路へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

養老渓谷

関東周辺の山々の紅葉も終わり、今は都内や千葉方面が盛りではないかと、以前から一度行ってみようと思っていた千葉の養老渓谷へ行った見た。

100_0023JR内房線五井で小湊鉄道に乗り換えて養老渓谷駅で下車。小湊鉄道は1時間半に一本しかない、タイミングを逸しないように電車を乗り継いで10時23分に到着。

駅からはバスにて渓谷入り口の水月寺へ、車道を通って粟又の滝に向かう、途中の風景は緑とススキと紅葉のバランスが絶妙である。滝の上からの粟又の滝の眺めも良い、しか し、滝の近くに来ると紅葉はもうひとつであったので滝の上流へと、ここは訪れる人も少なく川と紅葉が目を楽しませてくれる。

.

100_0052

再び、滝口に戻り、渓谷に沿って紅葉を眺めながら遊歩道を下る。

のんびりと歩いて水月寺を通って、再びバスで養老渓谷駅へ。

.

100_0090

駅に着いたら、時間はまだ14時過ぎであったので、もう少し近くを歩いてみようと梅ヶ瀬渓谷へ向かう、一時間ばかりで渓谷のハイキング道へ、谷間の道はなかなか落ち着くものである。

17時前の列車に乗り遅れると、帰宅が遅くなり過ぎるので、途中で再び元の道を引き返す。このコースをすべてまわるのはまた来年にしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »