« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

京都の紅葉

午前中に運転免許の更新に息子と一緒に免許センターへ行ったそのついでに近くの京都西山にある光明寺、善峯寺へと訪れた。

IMG_2209  京都市内はきっと観光客でいっぱいだろうと思って、市内より少し南の光明寺へ行って見る。普段の光明寺は殆ど人が訪れることの無い寺であるが、少し離れた臨時駐車場も一杯、入るのに30分ぐらいかかる。歩いて10分程で寺に着くが、普段は無料の境内も今日は拝観料として500円、しかし総門をくぐるととすぐに真っ赤な紅葉が出迎えてくれた。すごい今までに見た紅葉の中でも最高である。ゆっくりと広いなだらかの階段を紅葉に見とれながら登る。階段の登りきると紅葉の間から御影堂が現れる。御影堂に上がって参拝し、廊下を伝って釈迦堂へと、渡り廊下からの眺めもなかなか!

勅旨門から真っ赤なもみじのトンネルを通って薬医門を経てもとの総門へ戻る。IMG_2330

次はJRの「そうだ京都へいこう」のポスターやテレビコマーシャルにもある善峯寺へ向かうことにする。多分、JRでもかなり宣伝しているので、車は一杯だろうと、約5キロあまりの道のりを歩いて向かう。お寺は山の中腹にあるためにずっと登り道である。寺に近づくにつれて登りもきつくなるが車の渋滞を横目に気持ち良く前に進む。最後の坂を登りきってお寺の山門にたどり着いた時は3時半を過ぎていた。このお寺の境内はすごく広いので急いでまわることにする。有名な遊龍の松をくぐって多宝塔へ、ここからは手前に紅葉を望みながら京都市内が一望である。更に上に登って紅葉に囲まれた釈迦堂へ、最後に奥の院へと!全山が紅葉の絶景であった。

1時間ほど善峯寺の山を巡り、再びもとの道を光明寺に着いたときは、既にあたりは真っ暗であった。しかし「、光明寺は夜間照明をしていたので再び境内へと、ライトに浮かび上がった紅葉も幻想的で昼間とまた違った秋の美しさを見せてくれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

奈良の紅葉

午前中にタマネギの苗植えや大きくなって畑を日影にしてしまっている松の木を伐採したり。

昼からぶらっと奈良公園へ行ってみた。

s-IMG_1942 

南円堂、興福寺、浮見堂、東大寺と散策、どこへ行っても紅葉一色、透き通った紅葉ですごくきれいであった。

(興福寺)s-ukimidou

(浮見堂)

.

.

s-toudaiji01 (東大寺境内)

冬の夕暮れは早い、二月堂に着いた夕方5時前には日が暮れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

南紀白浜

今日は仕事で南紀白浜へと、 行きの飛行機はもう12月近いのに観光客で満席である。s-RIMG0006

白浜は交通が不便なのでレンタカーで仕事先へと、時間が少しあったので周辺の観光スポットをまわってみた。

.

.

s-RIMG0027

円月島や三段壁へと数十年ぶりに行ってみたが、昔とずいぶん変わったかな?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

紅葉(龍王峡)

   

ここ数日は秋晴れ(冬晴れと言った方がいいかな?)今日も晴天である。

数日前に、中禅寺湖(日光経由)に行った時、東武電車は下今市で鬼怒川方面と日光方面に分かれるが、鬼怒川方面にも多くの人が乗っていた、どこへ行くのかなと沿線の紅葉スポットを調べてみるとどうも龍王峡と言うところらしい!一度は行ってみたいと思っていたが、昨夜紅葉情報を見てみるとまだ紅葉は見頃、早朝に起きて龍王峡へ向かう。

電車は鬼怒川温泉を過ぎると東武鉄道から野岩鉄道へと、龍王峡には9時前に到着。

駅を降りるとすぐに真っ赤な紅葉が出迎えてくれる。

駅前は案外と土産物屋や食堂があって賑やかである。これなら目的地の川治元湯駅付近も食事をするところがあるだろうと昼食は買わずに出発。

s-100_0009川まで下って虹見の滝を経て虹見橋へと、この橋からの景色はすばらしい、すっきりした青空、エメラルドグリーンの川、紅葉した山々、感激である。

訪れている人も殆どいない。

s-100_0026

橋を渡って、山々の紅葉を見ながら整備された木道を上流に向かって歩く。

殆ど起伏がなく、歩きやすい道である。

.

s-318_1812

s-317_1748 途中に紅葉の間に季節外れのつつじが咲いていたり、かわいい紫色の実があったり して目を楽しませてくれる。

s-318_1895s-318_1888ゆっくりと景色を堪能しながら歩いて約3時間、川治温泉あじさい公園へ到着。

.

きれいな公園である、各種の紫陽花が植えられており、6月頃に訪れてみたいなと思う。

黄金橋を越えて薬師の湯へと、ここは岩風呂の露天風呂、紅葉を眺めながらゆっくりとつかる(ぬるい湯のでなかなか出ることが出来なかった)。

もう、昼ははるかに過ぎてたので電車の時間を確かめてから昼食をとろうと駅を向かう。駅に着いてみるとまわりは店などは何もなし、仕方がない昼食は抜き、昼食は持参したお菓子で・・・。

でも、今日も満足出来た休日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

中禅寺湖 茶の木平 日光

昨夜のインターネットでの情報では中禅寺湖付近は紅葉は終了とのことであったが、天気は良さそうなので行ってみることにする。

日光には8時過ぎに到着、バスもスイスイといろは坂を登って30分ぐらいで明智平に到着

いろは坂の途中は紅葉が綺麗だったが、ここは殆ど落葉した後、目の前の男体山の頂上は雪景色、もう冬真近である。早速、ロープウェイで展望台へ314_1472

展望はすばらしいがやはり紅葉はなく、遠くに見える山々も雪景色。

ここからは昨年に来たときと同様に茶の木平へと向かう。すぐに登りになるが、山道は凍っていて少し滑りそう。

315_1504 茶の木平までは上りの多い熊笹い覆われた山道であるが、天気が抜群に良く、中禅寺湖や白根山、男体山などを眺めながらのんびりと歩く、途中に出会う人は誰一人としてなし。

1時間余り歩くと平原となり、やがて茶の木平へ到着。

100_0128 茶の木平は広くて明るくとても気持ちがい~い! でも人一人いない、何でこんな素晴らしいところに誰も来ないのか不思議である。

(2年前まではここまでロープウェイが来ていて自然植物園などもあったようだ)

ここでゆっくり、のんびりと昼食。

315_1538 元ロープウェイの山頂駅近くからの眺めも抜群、紅葉は終わっているが、中禅寺湖と山々が素晴らしい。

昨年はここから半月山方面へ行ったが、今日は日光の紅葉も見たいので、中善寺湖方面に下ることにする。

100_0146 中善寺立木観世音を見学してからバス停へ

バスを待つがなかなか来ない、いろは坂が渋滞でなかなか到着しないらしい、1時間以上待ってようやく到着、日光から3時間かかったらしい。運転手さんは休憩もなしにすぐに折り返し運転、気の毒に!

315_1596日光東照宮前にて下車、すぐに庭園の美しい逍遥園へと 、ここは紅葉が真っ盛り、日光に来た価値があったな~と思いながら庭をひと巡り、宝物殿も特別公開していたので、ここもひと通り、徳川家の遺品がづらりと時間があったらゆっくりとみたいな~。

.

316_1669 次は昨年完成した神橋へと、もう夕方、日のあるうちに行かなくては!

橋を渡ろうとしたら、拝観券はと聞かれ、購入に窓口に行って料金を見ると500円、渡るだけでこの料金、馬鹿らしくて橋は渡らず!

でも、今日は久しぶりに充実した日でした。

帰ってからは明日の仕事の準備!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

筑波山

10月からの休日は何時も天気の悪い日ばかりであった、今日も朝起きてみると雨がかなり強く降っている。天気予報を見てみると昼から晴れるとのこと、近場の紅葉スポットを探してみると筑波神社付近が見事、雨が止むと早速出かける。

今日はつくばエキスプレスに乗ってみようと、南流山で乗り換えるつもりで電車に乗ったが、駅を乗り過ごしてしまった、どうしよう・・・・?  とりあえず新松戸で常磐線に乗り換えて、携帯で関東電鉄バスのホームページからバス会社に電話して筑波山行きのバスの駅を調べる

土浦駅で下車、バスに乗って1時間余り、100_0006 ようやく筑波神社に到着。

紅葉は殆どないが境内のイチョウの黄色が綺麗。

登りは不得意なのでケーブルカーで山頂駅の御幸ヶ原へ

山の上の紅葉は既に過ぎ去っていて、もうすぐ冬という感じである。

tukuba02

.

.

.

.

ここから僅かの距離の男体山の頂上へ向かうが、雨上がりで道がとても滑りやすい!

頂上からの関東平野の眺めは障害物もなく、なかなかのものである。

314_1426 今度は最高峰の女体山へ、30分も歩くと最後の急勾配を登って社をまわり込むと大きな岩の山頂へ立つ。

ここの展望も霞ヶ関などの関東平野が一望!

さて、これからつつじヶ丘へ向けて降ることにする。最初は急な岩場の下りであり、雨の後で濡れていてとても危険、慎重に降って行くと途中には大仏岩や出船入船などの奇石が点在し、退屈しない!

100_0073ss 途中で赤ちゃんを背負子に背負った若夫婦に出会う。「何ヶ月なのですか」と聞くと「7ヶ月です、登って降る途中なのですが、きっと子供は迷惑がっているでしょうね」などと話をしながら、微笑ましい親子の写真をワンショット。

帰りは臨時バス→つくばエキスプレス経由で帰宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »